2017-02-18

IKKAN ART GALLERY「Naoko Tosa / Genesis」を観てきました。



IKKAN ART GALLERY

「Naoko Tosa / Genesis」

を観てきました。



微力ですがお手伝いをさせて頂いた関係で
何回も、何回も通わせて頂いたのに
結局ブログで紹介が随分遅くなってしまった。
会期が終わってしまう!と思い息子と二人で改めて
「Naoko Tosa / Genesis」を観てきました。



土佐尚子さんの作品に出会ったのは
シンガポールに来てから。
最初、拝見したとき正直、とても不思議な感覚が訪れましら。
デジタルっぽいのに「生き物感」がすごく感じられたからです。


実際にお話を伺うと
「実際に行われている現象を最新技術を活用して撮影した作品」
と聞いて納得。



そしてその私の感じた「生き物感」について
もっともっと深い視点にこの最新作で気づかされます。



自分では見えない内なる世界。
血管の中身とか胃の中とか。
例えば健康診断で胃カメラとか観たとき
これが実際に存在するのか!と
驚かされることも多いと思うんです。
そしてその映像がとても宇宙的に感じると同時に
この内なる宇宙によって自分が形成されてるんだ!
と再認識させられます。
身体的、心理的、外的、色々な側面が形成されていきます。
「私」というアイデンティティは見えないけど
確かに存在している。その見えないものが見えたような。


私は今家族とともにシンガポールで生活しているわけですが
私は日本で産まれ、日本で育ちました。
でも典型的な日本的感覚とは少しずれていたようで
色々思考的に苦労しましたが
でもその体験が私の中に私独自の宇宙を形成しました。



そして今。私は東南アジアで内なる宇宙を形成を継続しています。
私のアイデンティティを見える技術で撮影したら
どんな風になるのかな?と思いながら作品世界に浸りました。


今回土佐尚子さんは「文化交流使」という大役の一環として
この展示を行われました。
講演会なども会ったのですが
そこでお話しされていた「私の中の日本」という「私の中」の部分が
作品を何度も拝見させて頂くことで
なんだか自分の中にうまく取り入れることが
できたような気がします。


文化交流使のお仕事は
まだまだ続くそうです。
世界中のたくさんの人の内なる宇宙に
新たな体験を刻んでいくのだなあ
楽しみだなあと
今、改めてワクワクしています。


シンガポールにお住まいの方は
ジャパン・クリエイティブ・センターのライブラリーで
作品を拝見することができます。
ぜひ足をお運びください。


本展示は2月18日で終了です。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2017-02-04

Japan Creative Centre「The Japan Media Arts Festival Special Exhibition in Singapore「Landscapes: New vision through multiple windows」」オープニングパーティーに行ってきました。



Japan Creative Centreにて

「The Japan Media Arts Festival Special Exhibition in Singapore
 「Landscapes: New vision through multiple windows」」


オープニングパーティーに行ってきました。


The Japan Media Arts Festival → 文化庁メディア芸術祭です!!!


ああ懐かしのメディア芸術祭。
子供が幼稚園から小学校の時に本当に毎年楽しみにしていました。

2013-02-14
国立新美術館「第16回文化庁メディア芸術祭アート部門大賞『Pendulum Choir』パフォーマンス公演」「 受賞作品展」を観てきました。

2012-02-29
国立新美術館「第15回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」を観てきました。

2011-02-07
国立新美術館「文化庁メディア芸術祭」を観てきました。

2010-02-07
国立新美術館「文化庁メディア芸術祭」を再訪してきました。

2009-02-06
国立新美術館「第12回文化庁メディア芸術祭」に行ってきました。


私にとっても最初のメ芸は2009年。
当時はなんだか明るいエンターテイメント的なイベントという
印象を持っていました。

そして2012年。

2011年の東日本大震災を経て、方向が変わったかなという印象が。

インタラクティブなアートに対する反応が
未来への希望を映す鏡から
起こるかもしれない災難に対する不安を映し出す水晶に変わってしまったような

そんな方向転換。
(楽しい作品も沢山あるんですが)


メディアアートというものが
楽観的のみなものから
とても多面的なもの変化していくことを
目の当たりにできたような気がします。


シンガポールに転居してからは
このメディア芸術祭の開催時期に
帰国することが出来なくなってしまったので
すっかりご無沙汰でした。



そのメ芸をシンガポールで観れるとは!


とても、とても嬉しいです。







今回のこの展示、いわゆるインタラクティブメディアアート
がメイン展示ではありません。
なので親子づれで行ってめっちゃ楽しい!という
直接的な体験とは少し違う展示です。


そして私はこの「メ芸」は
シンガポールにいる「日本人」にこそ観てほしい!


と感じました。
その理由は「間接的インタラクティブアート」を体験して
内なる感覚が奮い立つ体験をしてほしいから。


「間接的インタラクティブアート」?


すみません、今自分で作りました。
関節的インタラクティブというのは


そのものは直接的に
インタラクティブに働きかけてこないけど
鑑賞者にビンビンに話しかけてくる


って感じです。
例えば今回の出展作品である
EBIHARA Shokoさんの「The Souvenir photograph」。




こちら、各観光地にサッカのEBIHARAさんが出向き
記念写真撮影コーナーで
撮影をした作品。
記念写真の「集合」も立派なアートですが
例えば


・記念写真の撮影場所を探し掘り下げる
→両親や家族の「ふるさと」を探そう


・集合している集合写真の存在を掘り下げる
→いくらかかったのかななど料金を想像してみよう


・行ったことがある場所を探す
→その場について作家がどのような経緯で撮影場所まで行き着いたか想像してみよう
→自分はどうだったかを更に思い出し、写真の裏の歴史を引き出そう



などなど。
沢山の思いを引き出すことが出来ます。

触ったら反応するとか
そういうアートとは
趣が違うアートです。



このような
間接的インタラクティブアートの体験は
鑑賞者の感性を自律的に豊かにさせ
にしてくれると思います。


そして「明日、怖いことが起きたらどうしよう」
という未来への不安に対して
より客観的な心構えが持てるウォーニングアップに
なるような気がしてなりません。


つまり


メディアアートは世界を救う!
(と思うのです)



詳しい会場説明などは
別ブログに寄稿予定です。


今回は


1:メディア、インタラクティブアートとは色々なスタイルがある
2:直接的なインタラクティブアートでなくてもインタラクティブ感を味わえるチャンスがある


つまり


「数年後「あの展覧会観ておいてよかったね(しみじみ)」


と言われる展覧会になるだろうなと。



おすすめです。ぜひ足をお運びください。


2月18日まで。
日曜日、月曜日休館です。


theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2016-11-17

IKKAN ART INTERNATIONAL「teamLab: Flutter of Butterflies Beyond Borders – New Digital Works」を観てきました。


IKKAN ART INTERNATIONALにて

「teamLab: Flutter of Butterflies Beyond Borders – New Digital Works」

を観てきました。


私たち家族においての「teamLab」というのは
やはりArtSience Museumのイメージがあるので
楽しい!楽しい!楽しい!!!
というイメージです。今回もとても楽しい気持ちになれるのだろうと思い
ワクワクしながら行きました。

結果としては。

泣いた。


予想外でした。泣くなんて。
今回の作品「Flutter of Butterflies Beyond Borders」は
暗闇の中で出会う、これは想定内。
そして美しい蝶が集まって来ます。



めっちゃ綺麗です。
すごく綺麗です。


思わず触りたくなります。
アート作品をさわっちゃだめ!なんてことは
teamLabの世界ではありません。

美しい蝶に手を伸ばします。
ああどんな風に変化するのだろう。。。ワクワク!!!


すると。


蝶は悲しげに舞いながら消えてしまいます。



えっ



うそー。



思わず再度手を伸ばします。
しかし蝶は消えて行きます。
それもポンと消える訳でもなく
余韻を残して消えていきます。


まるで


もっと交流したい
もっと向き合いたいと
思っていた存在が
予期せぬことで消えてしまうような感覚。
そしてその消える様を
見守るしかないこの感覚。


正直、ここ最近辛かったんです。
どうしてこんなことが起きてしまったのだろうと
納得できないことが
連日続く日々が続きました。
息子はトレーニング後の遊びRideで骨折しちゃうし。
なんであの時遊んでいいよって言っちゃったのか
何度も自分を責めました。
自分ではどうしようもないことだったかもしれないのに
なんであそこでああ言ってしまったのか
何か出来ることはなかったのだろうかと
己を責める時間がとても辛かったです。


今回の「Flutter of Butterflies Beyond Borders」は


「自分ではどうしようもないことに向き合う人の儚さ」


がアート化されたような気がして
なんだか洗礼を受けたような気分になりました。
(無宗教なんですが)


仏画には様々な種類があり
地獄絵などの様々な別離や辛いことを示しているものもあります。
正直今まで「なんでわざわざ辛いものみるのかな」と思っていました。
しかしこの「Flutter of Butterflies Beyond Borders」を体感して
辛い体験を視覚化、体験化することは
人間が生きていく上で次の段階に行くために
必要なことなのかもしれないと改めて感じました。



こちらの作品、さらにパワーアップして
英国での展示予定もあるとのこと。
EU離脱で落ち込む人が見たら泣いちゃうだろうな。。。
と思いながら

彼らがなんて時代を読んだ作品をうみだしているのだろうかと

改めて驚かされました。まさに
「知らなければならない10人の有名なインスタレーションアーティスト」
10 MOST INSPIRING ARTIST COLLECTIVES WORKING TODAY


だなあと。



もう1つの作品「Dark Waves」にも「近代日本画」
というキーワードが登場します。


もしかして、teamLabってとても「和」なのではと。
改めて「近代、現代における伝統表現」について
考えてみたいと思いました。


ちなみに息子さんは


「Dark Waves」に人をだめにするソファで体感したかった!


だそうです。
ArtScience Museumまた行きましょうね。


ギャラリーオーナーの真田一貫さん
いつもありがとうございます。
素晴らしい世界を堪能させて頂きました。

12月22日まで。
休廊などの詳細情報は
公式Facebookページをご参照ください。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2016-10-13

THEO Arts Professionals「The Singapore Art Show」を観てきました。


THEO Arts Professionals

The Singapore Art Show

を観てきました。



シンガポールのアートシーンについて
色々質問を受けるのですが
私は普通の駐在妻なので
セレブのおつきあいとか全くわかりません。
でも胸を張っていえるのは
コレクターさんやギャラリーさんが
「OpenなShow」を頻繁に行い
アートマーケットが回っている様子が
私のようなBasic Art Loverでも
十分感じることができることです。
そのような場所にはせっせと足を運んでいます。


家に芸術があること、
気軽に芸術を見に行けること、
そしてそこでコミュニケーションや
更なる探求で新しい世界を知ること。


とっても楽しいですよ。



ちなみにこちらのショウ。
ホームページでは10月9日までになっていますが
Facebookだと
10月16日まで延長開催とのニュース
掲載されています。

-----------
The Singapore Art Show is extended till Sunday, October 16!
Join us for more artists' tours this week:
Friday, 14 Oct 4.30 pm CHNG SEOK TIN
Saturday, 15 Oct 2 pm TEO ENG SENG
Sunday, 16 Oct 2 pm LAVENDER CHANG & NOOR ISKANDAR
-----------
スクリーンショット 2016-10-13 9.50.03


このショウは基本3つのカテゴリーで構成されています。

・TEO ENG SENGの個展
・1970年から1990年代に活動していた3人のアーティスト
(Chng Seok Tin, Eng Tow and Yeo Hoe Koon)のグループ展
・シンガポールの若手作家のグループ展

TEO ENG SENGさんは
1938年シンガポール生まれのシンガポールを代表するアーティストの一人です。
とても抽象的なのですが冷静さも兼ね備えていて
インドネシアのアーティストとはまた違うなあと
改めて感じることができます。
個人的に
「東南アジアの作家さんの抽象スタイルをその方の歴史と共通して味わう」
ことがマイブームなのでとても楽しむことができました。

TEOさんご自身のトークも週末には開催されるそうです!
詳細は公式Facebookページをご参照ください。
-----------
Come meet the inimitable Teo Eng Seng, The Singapore Art Show's featured solo artist, this Saturday, October 15 for a second tour of the 16 artworks, he describes as 'a good representation' of himself.
We look forward to seeing you at Artspace@Helutrans at 2 p.m. Saturday!
-----------


ぜひ足をお運びください。
10月16日まで。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2016-09-25

駒込倉庫 キュンチョメ「暗闇でこんにちは」&毒山凡太朗「戦慄とオーガズム」を観てきました。


駒込倉庫 にて

キュンチョメ「暗闇でこんにちは」&毒山凡太朗「戦慄とオーガズム」を観てきました。


どうしても見ておきたい。
という展示は「呼ぶ」んですよね。
そして1つ1つ行くべき要素が積み上がっていくのです。
今回、どうしても呼ばれるって思っていたら
呼ばれる要素がどんどん積み重なっていって
そして気がついたら


きちゃった。東京。



おそらくですが
この展示を見に来た人の中では
1番遠方から来たのはきっと私です。


結論からすると
本当に行ってよかったです。


深刻な言葉を選んでいないのに
彼らほどに表現の具現化をユーモラスに
そして自分たちのメロディにまとめる展示ができる
キュンチョメには毎回刺激を受けまくります。
彼等の滑らかさは年をおうごとに
とても国際的になっていると思います。


彼らの奏でるメロディ(リズムではなくメロディ)には
とても演劇性を感じます。
特に今回、「新しい顔」から「ここからから作る新しい顔」には
本当に度肝を抜かれた。ヤラレタって思った。


あれこそまさに本当の問題提起でしょう!


そしてWAKE UP。
バンコクでも見ていたけど
今回の展示は展示の環境から場所から
世界観を考えていて
いやあマジで楽しかった。

そして恐ろしくなった。
「次はいつ、世界の目覚まし時計はなるんだろう。」



そして凡ちゃん。
作品は初めて拝見しました。期待以上でした。

自分の父のルーツということを
考えることが多くなったこの1年。
それだからこそ見せつけられた
数々のトラブル。
だからこそ知ってしまった
人々の心の切れ端。


「流せばいいじゃん」的でいけば楽なのに
実際は流したりもしているのに
でも心の中でどうしても整えることができない
絡まった心の塊。
凡ちゃんの作品の世界感から語りかけれもらえる


「その塊、俺もお前も持ってるぜ」


軽い問いかけは聞き流そうと思えばできそう。
でもなんか答えてしまう独特な
彼のコミュニケーション力に
強さを弱さを同時に見る。


「1/150」クジラの作品は何度も見ながら涙が止まらなくなりそうでした。
凡ちゃんと話しながら少しだけ父のイントネーションを思い出し
また泣きそうになりました。
みんな色々いうけどさ、でも、俺、生きてるし!
たくさんの外からの意見や憶測にいつも潰されそうになりますが
そう、でも、俺たちはちゃんと生きてる。
声を大事にして言いたい。
「何があろうとも、これが本当の空!」


ああ凡ちゃん、いい人と結婚してほしいわあと
老婆心を感じてしまう自分。


映像というものは
解釈を理解度が難しいといえば難しいのだけど
こうやればここまでの世界が完成するのか!!!
と目から鱗が落ちまくりでした。


夢で見たからなんとなく覚えてるんだけど
結局なんだったかわからない、
でも確かにこんなことを思っていた的な
数々の作品に
なんだか自分の内側を見つめてるような感覚になりました。



そうなんです。彼らの表現には
そして私たち鑑賞者である自分も
同時に存在している錯覚に陥ります。
彼等は作品を作ってるわけだけど
同時に私たち鑑賞者の想いを見届けた証人であるのかもしれません。


「ああこの展覧会は行っておきたいけど遠い」と感じたら
思い切って行くべきですよ。
人間、明日どうなるかわからんのですよ。
行動って大事。本当に大事。




展示はすでに終了しています。
キュンチョメと毒山凡太郎。
この2組は今後も絶対に追いかけていきたいと
思っています。


日本にちょくちょく行くの大変じゃない?って
感じたそこのあなた。
彼等の底力をご存知ない。
彼等にはすぐにまた会える自信があります。
世界中のあらゆる場所でね。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク