2011-08-30

横浜美術館「横浜トリエンナーレ2011」を観てきました。

IMG_4617.jpg
横浜美術館にて

「横浜トリエンナーレ2011」

を観てきました。


以前はBankARTに行ったのですが今日は横浜美術館に行ってみました。

BankART Studio NYK「横浜トリエンナーレ2011」を観てきました。

(病院の診察をすっかり忘れるという大失態をやってしまいました。
 先生新たに予約取り直しました。申し訳ありません。。)


横浜産まれ、横浜育ちなので
私自身横浜美術館にはかなりの回数出向いています。
なので今回「トリエンナーレの会場が横浜美術館」と聞いて
さてどうなるのかと思っていました。


IMG_4618.jpg
息子には午前中の幼稚園の課外授業終了後
「横浜トリエンナーレに行くよ」と何度も話してそして電車に乗って出かけました。
しかし横浜美術館の前で

「あれ?横浜トリエンナーレに行くんでしょ?ここ美術館だよ?」

と不思議そうな顔。
そうですよね。美術館でってなんか不思議な感じよね。


ではここで心に残った作品をいくつか。


荒木 経惟さんはチロの作品が多くて
動物好きな私たちはじっと見入ってしまいました。
今年は夏お話をする機会も頂いたので
とても親近感を感じて鑑賞することが出来ました。


IMG_4620.jpg
ミルチャ・カントルはパンフレットタイトルにも使用されている
横美の作品のほうが見入ることが出来ました。
「軌跡を消す作業も消される」という「輪廻転生」を連想される映像に
深く深く見入ってしまいました。


IMG_4621.jpg
ライアン・ガンダーとリヴァーネ・ノイエンシュワンダーの作品のコラボは
とても見応えがありました。
は私はガラスの美しさを崩壊したガラスに、
しゃぼんだまは自らを失ったことに気づいていない魂に
置き換えてみていました。
息子はリヴァーネ・ノイエンシュワンダーのシャボン玉の持久力に驚いていました。


金 理有さんのコーナーは私はとてもよかったと思います。
すごく重厚な重みに満ちあふれていました。


IMG_4622.jpg
杉本 博司さんのコーナーも素晴らしかった。
ここだけなんか特別なギャラリーみたいでした。


横浜美術館会場は非常に動線も狭いし暗い場所も多いので
ベビーカー連れやお子様連れは結構ハードルが高いかもしれません。
出来れば混んでいない平日をオススメします。



さて2つの会場を出向いての全体的な感想。

「展覧会としては面白かった。
 でもこんな気分だからもっとお祭りを体感したかったというのは我がままですか」


息子も「おまつりじゃないんだねー」と少し残念そうでした。
私たち、去年の「瀬戸内国際芸術祭」が忘れられないのですよ。
トリエンナーレ(伊:Triennale, 英:Triennial)とは、3年に一度開かれる国際美術展覧会のことです。
国際美術展覧会の持つお祭り気分っていうのは一度味わうと忘れられない感情を持てるんですよ。


しかし今回の横浜トリエンナーレには
あのお祭り気分がどうも見当たらない。
駅や街にポスターが少ないから?


いや違う。


国際美術展覧会なのに「水」を取り入れてないからではないでしょうか!!!


私の思い込みなのですが
「国際美術展覧会なのに「水」を取り入れると盛り上がる」があります。

越後妻里と温泉。
瀬戸内国際芸術祭と船。
堂島リバービエンナーレと堂島川。
ヴェネツィア・ビエンナーレと水路。

これから開催される神戸ビエンナーレは神戸港で開催されてしかも会場間を船でつなくそうです。
そう、ここにも水はしっかり取り入れられています。


国際美術展覧会が盛り上がるためには「水」が必要なんです。
何故かというとですね。

「水を通ることにより日常から遮断されることが出来るから」だと思うのです。
これって国際美術展覧会を一般鑑賞者が楽しむにはとても重要な儀式だと思うのです。
今回はこの儀式を感じられなかったのが
私が「祭り」感を感じられなかった原因ではないかと。


今からでも遅くないので
近くにスーパーアート銭湯さんとか作って後半盛り上げてみるのはどうでしょう。
I LOVE 湯」みたいな作品。



展覧会としてはとても楽しかったです。
でも「トリエンナーレ」としてはもっと高揚したかったです。。。。


11月6日(日)まで。
休館:8月、9月の毎週木曜日と及び、10月13日(木)、10月27日(木)。
時間:11:00~18:00。
開館情報、会場間無料バス情報等は公式ホームページをご確認ください。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク