FC2ブログ

2011-09-15

宮本三郎記念美術館「アフリカの貌(かお)」を観てきました。

IMG_4695_convert_20110914224658.jpg
宮本三郎記念美術館にて

「アフリカの貌(かお)」

を観てきました。

世田谷美術館が
アフリカの現代作家の作品をコレクションしているとは知りませんでした。
世田谷美術館が2011年7月1日より翌年3月末日まで改修工事により休館になっているのも
知りませんでした。

というわけでこの
世田谷美術館分館である宮本三郎記念美術館で初めて開催されるアフリカ美術展は
知らない事ばかりでした。


今回は美術品の他におもちゃや看板など
アフリカの「生活」を感じさせるようなものも多数展示されていました。
ただそれが混同して置かれたら混同してしまうほど
すべてが生命力に溢れるデザインに満ちあふれてしました。
これ、作品管理も大変だろうなと感じたのも事実。
イッサ・サンブの繊細な立体作品には思わず息をのみました。



私はまだアフリカの大地には足を踏み入れたことがありません。
私の中でのアフリカは
テレビや映画の中か
ドイツやアメリカに住むアフリカのコミュニティの風景やそこに住む人々です。


息子は作品と同時に作品を撮影した写真をじいっと見入っていました。
彼はサッカーを自分でもやるし
欧州サッカーを5歳のわりには集中して見ているので
アフリカ系の選手が息子の中でのアフリカになります。



このように私たちが知ってるアフリカはほんの一部分。
今回の作品達を見て息子がどんな反応をするのか
とても楽しみでもあり不安だったのですが息子曰く


「アートはぼくの知らない場所の人が作っていてもね、アートはアート」


とこちらがずっこけてしまいそうな位
「そのまま」を受け取っていました。


これからの子供の国際交流にはアートを中心に置いてみると
きっと楽しく、そして身近なものになるのではないかしら。
うちの子がアートに触れることを慣れてるっていうのあるのだろうけど。




9月25日まで。
月曜休館です。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

宮本三郎氏は、高校の大先輩であります。v-218
アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク