2011-07-17

ドイツ、ミュンヘン「モダン・ピナコテーク」に行ってきました。

IMG_3554.jpg
ドイツ、ミュンヘンにて

モダン・ピナコテーク

に行ってきました。


こちらはアルテ・ピナコテークのすぐ近くにあります。
実は今回の訪独で一番行きたかった場所。
コンテンポラリー好きとしてはたまらない場所であります。

しかも行ってみるとそこは単なる現代美術の美術館ではありませんでした。
ここは20世紀から21世紀の
現代美術・グラフィックアート・建築・デザインを展示
する美術館であありました。
近現代美術の展示館としては、ヨーロッパ最大規模を誇るそうです。

いざ行ってみると欧州最大規模と言われるのも納得です。

今回は

AMERICAN SUMMER THE PINAKOTHEK DER MODERNE

という企画展も行われていました。

ここではJohn Chamberlainの作品に圧倒されました。
この企画展がこの「モダンピナコテーク」で行われたことは
とても興味深いです。それはこの作品たちが車をクラッシュさせて作られていること。
デザインとしての完成型である車をぶっこわして新たなデザインを作るというのはとても
斬新な行為と感じました。

そして天井が高く広大なスペースだと本当に大きな作品が活きてきます。
天井高いと設置された作品の生鮮度が変わるような気がします。

その天井の美しさを存分に楽しめたのが最上階のガラスの展覧会。
IMG_3558.jpg IMG_3557.jpg
とても美しかったです。


IMG_3555.jpg IMG_3556.jpg
その他ぐっときたのはDan Flavinでした。
商業用の蛍光灯を使ったこの作品はとても身近に感じるはずなのに
でもとても崇高で遠い存在になっていて
「変わってしまった人」を想う気持ちのような
とても深い郷愁を連想させられました。
今までずっと近所で遊んでいた子が
宗教の関係で急に民族衣装を着たところを見たような感覚でしょうか。
ひとつひとつは昔も今も身近だったしそして変わっていないはずなのに、
今のあなたはかつてのあなたではない。
宗教がとても生活には入り込んでいるドイツで鑑賞したからでしょうか。
とても深く考えさせられました。

ちなみにこちらの展示の動画発見したので貼ってみます。



このモダンピナコテークはあらゆる場所にデザインがいっぱい。
そして飾り方が斬新すぎますね。
IMG_3562.jpg siki043001
息子はこの展示の中の椅子が気に入ったようです。
ちなみにこの椅子見学に来た小学生達に大人気でなかなか空きませんでした。。。


natsumi043002
いろいろなデザインの展示の見せ方もとってもおしゃれ。
こちらは建築家紹介のコーナー。
ドイツ語だけだったので内容は正直よく分からなかったけど。。。

natsumi043003
ドイツを代表するアディタスのシューズも「デザイン」として
展示されていました。

時間の関係で2時間程度しか滞在出来なかったのですが
1日滞在したかった。
いろいろなカメラで撮ったり作品とにらめっこしたりしたかったなあ。。


ぜひ再訪したいです。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク