2011-07-09

【ミュンヘンに行ってきました】幼稚園児とロングフライト。

IMG_2677_convert_20110709153516.jpg
ドイツ、ミュンヘンに家族で行ってきました。


小さな子供と長距離ロングフライト。
旅行の際親として悩ましい問題です。
逆の立場だったら長距離のロングフライト際子供がうるさいと
正直疲れますからね。


息子は基本移動は大丈夫です。3歳を過ぎてからは
飛行機も全く問題ないです。
しかし今回はドイツというかなりのロングフライト。
そこで綿密に計画を立てました。

★この計画は4~5歳以上の子には有効だと思います。


1:今までより少しだけ長いフライトを目指す
シンガポールでのフライトが全く問題なかったので
シンガポールより少しだけ長い時間を目指しました。
フィンランド航空が乗り継ぎ的にぴったりだったのであえて乗り継ぎ便を使いました。
ロングフライトから一旦降りると気分も一新出来るものです。

2:普段から早起きのくせをつける
飛行機に乗る際は早起きが多いです。
なので普段から早起きの癖はつけましょう。
遅くて6時半ぐらい。

3:目的意識を持って寝る癖をつける
目的を達するために今休まなきゃいけない、そのためには早く寝る
という癖を普段からつけることが大事な気がします。
「早く寝ないと明日のサッカーの練習行けなくなるよ!!」
と言えば息子は5分で寝ます。
ちなみに「早く寝ないとザックジャパンに呼ばれないよ!」でも寝ます。。。
機内では毛布は大目に借りるといいです。

4:さくっと起きる癖をつける
起きたらすぐトイレいって顔を洗って歯を磨いて服を着替える。この間長くても7分以内に。
そこから食事をさせるようにしました。
さくっと起きるという癖は長距離移動でとても大事です。
万が一に備えて着替え一式を自分で持たせておくといいかもしれません。

5:切り替えの切り札を乱用しない
起き抜けや不機嫌になりかけた時は普段なかなかありつけないお菓子や
長時間移動でしか遊はせないiPadで遊ばせました。
あ、これ普段から出してると切り札にならないのでご注意ください。

6:食事のタイミングはその子にあわせて
食事のタイミングは早い方が嬉しい子はチャイルドミールみたいたものを事前注文して早目に。
同じじゃなきゃ嫌がる子は同じにするといいとおもいます。
待たせる間お菓子でつなぐ場合はハイチュウみたいなすぐ食べ終わるものにしましょう。
機内食で出てくるパンはとっておいて軽食を食べたがらない時に食べさせるといいうです。

7:席の場所は絶対トイレに近い通路側
トイレに行きやすくするため通路に近い席が必須です。
トイレに近かったら尚よろしいです。
窓優先とかはあまり考えないこと。
長時間フライトの場合は案外窓の景色は変わらないので子供飽きます。
事前にインターネットでチェックインも出来るのでぜひよい席を確保しましょう。

8:空ボトルがあると便利
国際線の場合飲み物は事前に持ち込みは面倒なんで止めましょう。
基本ペットボトルの水は席におかれています。
オススメなのは空の水筒やマイボトルを持参して機内でそれにいれてもらうこと。
こぼす心配もないし子供も急いで飲まないんで楽です。 大きさは小さめにしてね。

9:もちこむおもちゃ
持ち込むおもちゃは無音で楽しめて大きさはA4以内!
音が出るおもちゃはぶっちゃけまわりに迷惑なので絶対駄目です。
オススメはiPadの迷路アプリ。これ暗くても楽しめるからオススメ。

10:目的意識を持った旅にしましょう
サッカーLOVEな息子は今回のフライトや滞在が無事に終われば
ドイツブンデスリーガ生観戦を近い将来実現を約束しています。
好きなことのために頑張る気持ち大切。




今回の旅行において移動は本当に大成功でした。
息子とても頑張ってくれました。
この旅は私たちにとっていろいろなことがはじまる旅になりました。
これからも沢山いろいろな場所にいきたいと思います。
スポンサーサイト

theme : 思うこと
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク