2008-11-14

国立新美術館「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」展を再訪してきました

kokuritu5

久しぶりの運動教室。
そして散歩には本当に心地よい温度。
息子は
「でざいんさいといくの!」
と騒いでいたが結局ベビカで眠ってしまいました。



この時間もったいない。
そう思い
国立新美術館「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」展を再訪することにしました。

実は10月に1度足を運んでいるこの展覧会。
ピカソがどーしても好きになれない私には
このような回顧展的な展示は
どうも好きになれずにいました。


でもこれだけの人をひきつけるピカソ。
ここまで広範囲で作品を見れる機会はないだろうし
見直したら発見があるかもってことで
足を運んでみることにしました。




まず入ってびっくりしたのは
家族連れの多さ。子供たくさん。
今まで観た国立新美術館の展示で
一番子供が多い感じがしました。
これもとっつきやすいからかなあ。



展示構成も一度体験済みなので
全体像を思い浮かべながら
1つ1つを探求。


回顧展的なものって
全体像がみえてないと
なんか迷子になってしまう感じがするですよね。



今回は2度目なので
そういう迷子は少なかったな。



ピカソはその時好きだった女性を
モチーフに描くことが
とても多いんだけど
晩年は自分の子供の絵も増えてきます。


女性の絵にはなんだか強い「欲」みたいなものを
感じるのですが
子供の絵には人間愛を感じるのですね。


その切り替えのきっかけかなって思ったのが
「挑戦の虐殺」。
これはピカソの「ゲルニカ」と並ぶ反戦絵画だそうなんだけど
兵士と対比させてる母子、妊婦の姿に
ものすごく想いを感じたから。
それは
「トラックの玩具で遊ぶ子供」や
「デッサンをするクロード、フランソワーズ、パロマ」を
先に見ていたからかもしれません。



ピカソも人間、おとうさんだったんだなーって
思いました。



やはり見直してよかったです。


スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク