2008-11-05

東京国立博物館「大琳派展?敬称と変奏?」を再訪してきました。

本日は息子を保育園に預けて
東京国立博物館「大琳派展?敬称と変奏?」を再訪してきました。




風神雷神図屏風が好きになってから
琳派好きになった息子。
そこで琳派の本を読むうちに
私もかなり知識がついてきまして・・・



今の時期は展示替えで
「風神雷神図屏風」も4種そろうし
私がとにかく見たかった「槇檜図屏風」も見れるし
そしてイヤホンガイドも使ってみたいし
飼ってるフェレがもう危篤で
延命をやめるかどうか決断しないといけないのでパワー欲しいし



って色々やりたいことがあったのです。
息子を保育園に預けて
私は急いで電車に乗り込みました。



到着したのは午前10時過ぎ。
人の流れは思った以上にあり
薬師寺展の人混みを思い出して
思わず走る。


しかし走っていたのは
私だけでした。。


特に待つこともなく入場。
今回はイヤホンガイドももちろん使用。


まず入って憧れの槇檜図屏風とご対面。
少し小さめ。
でも金箔の使い方、墨の運び方に
とにかくうっとり。

今フェレのことで涙腺緩いので
思わず涙。


そして
憧れの宗達の風神雷神図屏風とご対面。



思わず並び食いついて観てみる。



すごい。
この屏風には風神雷神がいる。



前回観た
尾形光琳と鈴木其一の作品を見たときも
とてもパワーを感じたが
でも宗達はパワーの度合いが違う。迫力が違う。
宗達に比べると鈴木其一は申し訳ないが普通。


この4点を並べるっていうのは
ものすごく楽しめる。
ほんまに再訪した甲斐がある。


でも鈴木其一も負けちゃいない。
夏秋渓流図屏風。こちらの迫力がすごい。
まるで渓流がこちらに向かってくるような迫力。
鈴木其一興味なかったけど
この屏風を観て考えが変わった。


落ちこんで食欲なかったので
元気をもらいました。



本当に再訪してよかったです。
っていうかやはり気に入った展覧会は
何度も行かなくちゃダメだわって
改めて思いました。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク