2008-09-28

川村記念美術館を再訪しました

kawamura0928

秋です。
芸術の秋です。

っていいながら
我が家は年がら年中
芸術に触れています。。。
今日も予定がなかったので
川村記念美術館まで足を伸ばしました。


ここ、改装後行ってなかったので
私的にかなり楽しみで行きました。



川村記念美術館は
一企業の所有の美術館の割には
ものすごく展示に気を配っているので
個人的には大好きです。

ここでの見所は
日本に4点しかないレンブラントなんでしょうが
私がとにかく大好きなのが
バーネット・ニューマンの「アンナの光」。

今回の改装で
なんとこの「アンナの光」の部屋が出来ていました。


アンナの光。
バーネット・ニューマン63才の時の作品です。


深い深い赤と
巨大キャンバスの端に光2本の白い光。
ただぬってるだけじゃん!って
思うかもしれませんが
この作品は私は絵だけの作品ではないと思うのです。

絵に近づくと
赤いキャンバスの色が観覧者の顔に反射していきます。
その赤い顔と絵の対比も
作品だと思うのです。

それはまるで
教会の暗い廊下を抜けて礼拝堂に入ったときに
最初に顔を照らす天窓の明かりのように
神々しく降り注いでいきます。
その光を浴びたときに観覧者が感じる
見えないけれど感じる大きな力。
その力がこの作品には満ちあふれていると思うのです。


ちなみに改装前は大きな部屋に展示してありましたが
今回は特別に部屋が出来ていました。

この部屋、素敵すぎます。
最初入ったとき涙が出そうでした。


あと新しくなった
ロスコルームもぜひ観たかったのですが
こちらはロンドンに出張中とのこと。。残念!
次回はぜひ観たいです。


そのほか尾形光琳などを
楽しみにしていたのですが
こちらは展示されていませんでした。
国立博物館に出張中かな?


息子は日本画の展示が少ないことに
若干不満そうでしたが
レンブラントなどを楽しく鑑賞。
特に「アンナの光」については
「この絵、おかあさん好きなんだね?」
って笑いながら一緒に観てくれたので
私もとても嬉しかったです。



この美術館は
自然散策路もとても素敵なので
ぜひ行きたかったのですが
何度も館内を行き来できたことと
ちょと寒かったので断念。



特別展もとてもよかったので
行って良かったです。


特別展については
別に記録させていただきました。





また行きます
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク