2011-03-26

BLD GALLERY「森村泰昌 「肖像経済、その他」」を観てきました。

IMG_0566_convert_20110326232506.jpg

BLD GALLERYにて

「森村泰昌 「肖像経済、その他」」

を観てきました。



「名画の登場人物や女優、革命家などに自らを作り上げ写真を撮る」
というのが森村さんのスタイル。
森村さんの作品はとても好きで
随分足を運ばせて頂いています。


今回はギャラリーでの展示。
考えてみるとギャラリーで森村作品を見るのは初めてです。


今回は「肖像経済」ということで
貨幣、切手をベースにしている作品がいくつかありました。
紙幣はシートの形態であったり引き出しに入れてあったりします。
森村さんの作品はいろいろな形で鑑賞の前に現れてきます。

本来偽造通貨や切手というものは
本物そっくりに作り込むものですが
ここでは通貨に載っている支配者までもが【偽造】されている状態です。


つまり嘘の嘘。
嘘の嘘なら本物?


なんだか本物なのか偽物なのか分からなくなってきました。
とても不思議な気分の展覧会でした。



息子は紙幣の作品には正直食いつかず。
レンチキュラーの技法を使用した新作マルチプル作品「だぶらかし」を
楽しんでいました。
(ちょと過激な作品もあったのでドキドキ。。)



最後にHPに掲載されている森村さんの言葉を引用させて頂きます。
---------------
お金と芸術というものは非常に近しい関係にあるんじゃないでしょうか。お金も絵画も、それが大切なひとにはすごく大切だけれど、そうでないひとには単なる紙きれです。「一万円」といってもその価値がわかるのは、そのお金の価値という幻想を持ちうるひとや社会じゃないと駄目でしょう。それにその幻想は、デフレ、インフレ、国際為替といつも変動していて、じつに危うい。
芸術も評論軸は常にグラついています。感動できるひとには素晴らしいものでも、さっぱり理解に苦しむひとにとってはなんの値打ちもありません。お金と芸術は、なんだか在り方が似ているんですよ。
森村泰昌 『「その他」のチカラ。』より
---------------


いろいろなものが危ういものだったんだなと
思い返すことが多い今日この頃。
会期が延長されたのでぜひまた拝見しにいきたいです。



4月17日(日)まで。会期中無休です。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク