2008-08-29

国立新美術館「アヴァンギャルド・チャイナ―〈中国当代美術〉二十年―」を観てきました

china

本日は予想外にいい天気。
運動教室で爆走した息子を横目に
ミッドタウンで遅めのランチをした後
まだ時間に余裕があったので
国立新美術館にて
「アヴァンギャルド・チャイナ―〈中国当代美術〉二十年―」
を観てきました。




こちらは
前からチェックはしていたのですが
内容が過激そうなので
息子にみせていいのか
まず私がチェックしようと思いまして。



ちなみにあたくし中国現代アートは全く分かりません。

以前森美術館で観に行った
「フォロー・ミー!新しい世紀の中国現代美術展」
ぐらいかな。。。
この展覧会も随分昔ですねえ。。。
しみじみ。





その他いくつか現代アートの展覧会にて
単独でお目にかかったくらい。
今回ここまで大集合というのは
初めての試みだそうです。



今回の表現方法は本当にさまざまで
絵画とオブジェとビデオアート
いろいろなものがありました。


絵画とオブジェは
それぞれ
いままでの歴史も大事にした
表現方法が多かったので
観ててとても楽しかったのですが

正直ちょと引いてしまったのが
パフォーマンスアート。
馬 六明やジャン・ホアンの
全裸でのパフォーマンスは
正直言うと
「体が美しくなかったから」
全然観ていて楽しくなかった。


やっぱさあ
パフォーマンスする人は
体に気を使ってほしいんだけどなあ。


まあ今の中国で「全裸」というのは
自分自身をさらけ出して戦うという
勇気ある行動の証になると思うので
それはそれでいいのですが
でもやっぱり美しくあってほしいなあと思う
あたくしでございました。


ちなみにこの展覧会は
息子には見せない予定です。
まだ刺激が強すぎます。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク