2011-01-13

根津美術館「墨宝 常盤山文庫名品展」を観てきました。

IMG_9307.jpg
根津美術館にて

「墨宝 常盤山文庫名品展」

を観てきました。



書というのは恥ずかしながら本当に知識がなくて
内容は正直よく分からないです。。
漢詩も読み方なんて全然覚えていない。。
姿形や漂う雰囲気は大好きなんですが。


そんなどきどき状態で鑑賞を始めたので最初に

常盤山文庫が所蔵する重要文化財「拾得図」と
本来対幅であった静嘉堂文庫美術館所蔵の重要文化財「寒山図」


が対で展示されているのにほっとしました。
二人で向き合って笑い合っている姿には思わず笑みがこぼれました。

そこで気分が穏やかになったんで
その後はゆったりした気分で鑑賞。


形として観るようにしてみたら案外面白くなってきました。


夏休み「親子水墨画体験」に参加したのですごく感じるのですが


水墨画というものは

頭の中で「こう書きたい」と描いてみても
いざ実際書き始めてみると思い通りに描けないんです。
しかも筆を一定以上のスポートで動かさないと

「あれ?この線もっと内側にしたかったのに。。」

とかなってしまって
どんどん全体像が変わってしまうんです。
しかも一発勝負。
一度筆を始めたら待ってはくれません。。

そんな視点で見始めてしまうとどんどん面白くなってきました。
国宝である「清拙正澄墨蹟 遺偈」もなんだか

「。。。。というわけでおしっっっ!!

って最後の〆が力はいってます!って感じなのかなと
想像したりして思わず笑みがこぼれます。



沢山の書がありましたが
内容とは別に「描かれた姿」として観て行くと
まるでその書を書いている偉いお坊さんの弟子になったような気分になり
とても楽しく鑑賞することができました。




2月13日まで。原則月曜休館です。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク