2010-08-29

ギャルリー東京ユマニテ「城戸 保 展 KIDO Tamotsu」を観てきました。

yumanite082803
ギャルリー東京ユマニテにて
「城戸 保 展 KIDO Tamotsu」を観てきました。


今回は父子が警察博物館に行ってる間の鑑賞。
瀬戸内話沢山聞いて頂きありがとうございました!


★写真の撮影、掲載は主催者側の許可を頂いております。
yumanite082802

今回はユマニテさんとして珍しい写真。

自然界のそのままの景色を
モノクロで撮影し背景を飛ばして
よりそのモチーフを際だ出せるように現像しているそうです。
(その話を伺ってる際思わず現像体験を思い出しました。)


1つ1つの作品をじっくり観れば観るほど


「こんな不思議な光景が本当に存在するのか」


と思わず再確認したくなるようなものばかり。
しかもフィルムということだから
沢山歩いて探しまくって何枚も撮って
というスタイルなんだろうなと思ったのですが
作家さん曰く撮影枚数は減る傾向にあるとのことです。
(スタッフさんから伺いました)




どうしてこんな写真が撮れるんだろうか。益々不思議。




強力なパワーを持った自然界には大量に降り注ぐオーラがあります。
そして輝かしい色彩に溢れています。
瀬戸内の森を堪能した後だから尚更分かります。
そのパワーの中で重い機材をもって写真を撮るわけです。
本当にすごいなあ。





と城戸さんの頭の中はおそらくこんな感じなのでしょうか。

1:強力な生命力のパワーから自分がイメージしたい構図を探す
2;モノクロの色だけを脳内で取り出す
3:完成図を想像する
4:イメージと合致した状態の時に撮影する


この工程をおそらく数秒で行っているわけですよね。
そして4を完成させるには3の想像力が大事になっていきますよね。
自分の中でもっともっと3を充実させたいなあ。
そのためには沢山作品を見なきゃなあ。


このような構図が訪れる瞬間を動物的に察知できる人が
プロのカメラマンなれるんだろうなと改めて実感しました。



9月4日まで。日曜日休廊です。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク