2010-07-30

ギャルリー東京ユマニテ「humanite lab vol.32 高木真希人展 TAKAGI Makito- Ascension Please !!」を観てきました。

yumanite073001
ギャルリー東京ユマニテ
「humanite lab vol.32 高木真希人展 TAKAGI Makito- Ascension Please !!」を観てきました。


息子は初めて。(私は2度目)
息子はちょと見ただけで「うわ!楽しい!」と思わずステップ。
1つ1つをものすごく楽しそうに眺めていました。

子供までが楽しくなるようなデザインと
まるで本物のポートレートのようなリアリティ。
観ていていると気持ちがワクワクしてきます。

以前ギャラリーのスタッフさんに
「作家さんはこのようなキャラクターをどんな風に産み出しているのですか?」
と伺うとこのようなキャラクターは
作家さんが書く体制になった時に自然に描かれたものだそうです。

つまり

普段の生活で急に作家さんの下に降りてきたわけでもなく
キャンパスの前で熟考した上で描かれたものでもないとのこと。

だから異星人なのにエイリアンチックなのに
なんだかとても親近感がを感じられるのかな。
あとはポートレート的なテクニックが存分に発揮されているからでしょうか。
なんか三次元になってほしくない感じがします。
あくまでも写実的な存在であってほしい。
小さい子がいるとついつい「ぬいぐるみだったら・・」って考えてしまうんですよね。
私としてはこういうぬいぐるみではなくこういうエイリアンが実際にいてほしいです。はい。
息子は観ていて本当に楽しかったみたい。
ワクワク感、伝わりますでしょうか。
(本人は形態模写のつもりです・・・)



注:撮影、掲載は主催者の許可を頂いております。
yumanite073002
yumanite073003
yumanite073004
yumanite073005



こういう絵が超元気な地方都市のデザインホテルのラウンジとかにあったら
なんだかものすごく楽しい旅の始まり!って感じがするんですけどね。
どうですかね。天神とかのカフェとか。


今回が初めての個展とのこと。今後がとっても楽しみです。

7/31 (土)までです。



ちなみに富田菜摘展は8月7日まで。
こちらも何度見ても面白い。


yumanite073006
息子さんしっかり並んできました。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク