2008-06-02

サントリー美術館「KAZARI ―日本美の情熱―」を観てきました。

image.jpg


今日は運動教室振替日。
そこで
いつものように
息子が寝た後にアート鑑賞。

本日は
サントリー美術館「KAZARI ―日本美の情熱―」を観てきました。
今回かざりがテーマということで
息子に見せるにはどうかな?小さすぎるかな?
と思い予習に行ってみました。

以前同美術館での「和モード」
小物が見づらく流れを感じることが出来ず
私にとっては欲求不満だったので
今回正直あまり期待しないで
行ったのですが。。。


とってもよかったです!


何がいいって
「かざり」を多面的に分かりやすく
そして大きく
見せてくれるからです。




今回の展示構成はこちら。


第一章 かざるDNA
(1)イントロダクション 「かざり」の源流
(2)荘厳と祭祀 神仏へささげるかざり

第二章 場をかざる
(1)中世のかざり
(2)室内を彩るかざり

第三章 身をかざる
(1)武将のダンディズム
(2)町衆の粋

第四章 動きをかざる
(1)芸能のかざり
(2)祭礼の華、風流(ふりゅう)のかざり





この展示構成は本当に素晴らしいです。

第一章で
かざりの原点である「神への想い」を確認し
第二章で
そのかざりが神への想いから自らへの装飾に変化し
第三章で
装飾が役割をもったことを表し
第四章で
役割を持った装飾を使った職業、つまり芸能のかざりを堪能する


というように
展示にとっても分かりやすい「流れ」があります。
しかも
小さいかざりを大きく感じられるように
屏風の一部を拡大して壁に展示したり
着物と小物を同じ高さで展示して
小物に動きをもたせたり



展示方法に沢山の工夫があって
全然飽きません。
かざりの大きさ関係なく
1つ1つのかざりを大きく感じることが出来ます。



1つ1つの展示品も
素晴らしいのですが
この流れのおかげで
武将の兜や
歌舞伎の衣装などに

長い歴史や強い生命力を
感じることが出来るのです。



日本美術が好きな人
着物が好きな人
歌舞伎が好きな人

そしてそうでもない人でも
とっても楽しめると思います!


ちなみに今回から
こんな子供向けのちらしも出来てました。
kapo.jpg

これ、とってもいいです!
これから毎回やってほしいなあ。。




次回息子が起きてる時間に
再訪する予定です。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク