2010-05-30

渋谷西武B館8階美術画廊「<明和電機ボイス計画宣言>?機械は人間のように歌を歌うのか?」トークショーを観てきました。

maywa053001
渋谷西武B館8階美術画廊にて
「<明和電機ボイス計画宣言>?機械は人間のように歌を歌うのか?」
トークショーを観てきました。


息子がものすごく楽しみにしていたこのトークショー。
どのように進行していくのかとても興味があったので
親子で随分早めに出かけてしまいました。

展示はとても改善されていました。
入り口も間違えないようになっていたし
説明文や特典も追加されてました。
maywa053002
飛び出すカード、可愛いですね。


いろいろあってゲリラライブも我慢して
待って待って何とか着席して20分押しでトークショー開始となりました。
内容は<明和電機ボイス計画宣言>個展の解説を中心に
事業報告SHOWで話があったカラーのオタマトーンやちっこいオタマトーンの発売の報告、
maywa053003
そしてでっかいオタマトーンのお披露目(でも鳴らなかった)。
こちら可愛いですね。重そうですけどね。
息子はサバオの歌が生で聞けたことをとても喜んでいました。
私はセーモンズ2へのビジョンについてのトークを期待しながら
トークを楽しませて頂きました。どきどきと期待してましたら
個展で展示されているドローイングの紹介でトークは終了。

maywa053004
あれ?っと思った中ジャンベとオタマトーンの共演がスタート。
こちらはとってもいい音してました。機械の混乱もご愛嬌でしたかね。

灼熱の中(親の私が思う範囲ですが)騒ぐことも無く食べ物をねだることもなく
約1時間社長の話や演奏をちゃんと聞いた息子、とっても頑張りました。本人の感想は
「太鼓が面白かった!お話は聞いたことある話が多かったけど」
だそうです。



ちなみに私は不完全燃焼でした。

-------------
<明和電機ボイス計画宣言>
明和電機は歌うロボットを開発し、歌手として世界デビューさせることを宣言します。
-------------

ここまで言い切っているのなら今日のトークショーにて

・「歌うロボット」をどんなビジョンで作ろうと考えているのか
・公開ドローイングという企画はどんな経緯で開始されたのか
・実際やってみて最初のビジョンと変わったのか変わってないのか
・今後のデビューまでの道のり、つまりデビューまでの道のりの宣言

をドローイングがある中で社長に沢山話して頂きたかったです。
今回のトークショーの大部分が事業報告SHOWでUSTで拝見した内容であったのが
画廊の展示内容に沿った内容でという意図なら仕方がないですが。。
確かにトークショーの説明文は社長ブログで確認すると

「明和電機ボイス計画について、明和電機社長・土佐信道が製品デモも交えて解説します。」

とあるのでボイス計画の未来について過度な期待をしていた私がいけないのかもしれません。
でもせっかくこの状況なんだから
沢山のドローイングの視線を感じながらドローイングが産まれた経緯や
これからの「ボイス計画」が目指す場所を社長自らが説明したら
もっともっと絵画そのものが見てる側に伝わるのになあ、
そして画廊での個展なんだから販売対象作品の経緯を作家が説明する行為こそ
作品の嫁入りに繋がるのになあと思った次第です。


個展初日にじっくりドローイングを拝見した時

「社長は美術家としての側面を模索してるのかな」

と感じました。オタマトーンへの想い。そして反響への対応の反動として
プロダクトデザイナーから美術家になりたいのかなと私は感じました。

そしてこのようにドローイングを販売するということは
クリスト&ジャンヌ・クロードのように

「自分の目指すものを実現する為の資金調達方法として
 頂点への成長過程を作品にして販売にする」

という行為ではないかと思ったわけです。
なので今日のトークショーで資金調達に繋げるための
熱い気持ちで仕上げた作品たちについて沢山話を聞けると楽しみにしていたので。。
ちょと熱く待ち構えすぎましたね。
画廊での個展はこうあるべき!画廊で作品を発表する作家はこうあるべきと
私頭固くなってるのかも。少し頭を冷やしたいと思います。





6月6日日曜まで。無休です。

そしてお詫び。
今回の場所は子供はあまり歓迎ではなかったようです。

4歳児を画廊に連れていく。この行為は正直迷惑と思われても仕方がないです。
息子、まわりの方々が気持ちよく帰れるように母親としての私は細心の注意を払っているつもりです。
(来ること自体が迷惑と思う人がいることも重々承知しています)
だから子連れで美術関係のイベントに参加する際はなるべく早く行って
子供が愚図らない席を確保できるようにしています。
前のほうの端っていうのがベストポジションですね。
今回もなるべくまわりの方に迷惑にならないように早めに行ってみたのですが・・・。

結局開始時間20分前まで椅子が並べられる気配もなく
雑然とした状況で椅子を並べる際人員整理もなかったので
現場は混乱気味になりました。
臨時工員さんの配慮で端の席を確保できたことを感謝します。
トークショー開催までの時間人員整理や状況説明は
もう積極的にやってもよかったのではと思いました。
今後はこのようなトークショーは場所の対応状況をもっと調査した上で
連れていくようにしたいと思います。
明和電機さんや臨時工員さんにもご迷惑をおかけしたかもしれないと思うと
反省してます。

現場で不快に想われた方々申し訳ありませんでした。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

ご指摘ありがとうございました

二児の母様

この度は明確なご指摘誠にありがとうございました。
そして大変申し訳ござしいませんでした。
まず自分が周囲に不快な思いをさせないように
今後自分の態度により注意を払いたいと痛感致しました。
改めてお詫び申し上げます。
誠に申し訳ありませんでした。
アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク