2010-04-02

アートフェア東京2010へ行ってきました。

TOKYOART3020040201
アートフェア東京2010へ行ってきました。


今回アートフェア初参加の私達。
どのようにまわろうかということで
まずは上の階「PROJECTS」から参戦することに。
と思ったらチケットは階下で購入せよと言われてしまいました。
悔しいので購入後再び「PROJECTS」へ。

今回の「PROJECTS」はとてもいい!と思います。
作品1つ1つに元気があり、ちゃんと呼吸をしてる感じがします。


印象に残ったものを写真で紹介。


注:写真の撮影、掲載は主催者の許可を得ています。


TOKYOART3020040203 TOKYOART040206
ARATANIURANO
とてもほっとできる空間でした。
こういう気持ちよい風がふいてくる絵ってとても素敵。

TOKYOART3020040202 TOKYOART040207
MA2ギャラリー
どーやって出来てるのか謎めいた作品多し。
謎解きもまた楽しい時間でした。
ぜひ実際に見に行って下さい。

TOKYOART3020040204
hpgrp GALLERY 東京
作家さんたちの「元気」をとても感じました。
こういう「元気」を活かせる場所があると作品の起爆力がどんどんつく気がします。

TOKYOART0402010
YOKOI FINE ART
実際に拝見して一番迫力を感じたのはこちらでした。
手の美しさや体全体から出てくる気をとても感じることができました。


上の階「PROJECTS」は比較的若いギャラリーだそうです。
なるほどと同時に「若いのにこんなにパワーがあるなんて!」と
驚かされました。
またそれぞれの画廊さんの新個展も楽しみになりました。

下の階でも撮影させて頂きました。

TOKYOART3020040205
SENARTGALLERY
とっても暖かい空間でした。
表現方法はいろいろあったけど暖かいという統一感が保たれていました。

結局気がつくと4時間以上俳諧してました。
何度も何度もおかしな親子がうろうろしてて
皆様お騒がせ致しました。。。


TOKYOART040209
最後にお抹茶を頂きました。
展示左横にお茶のスペースがあります。
なんと実際にお茶をたてる体験もしました。
お菓子を子供用に変更して下さる配慮に感激しました。
ありがとうございました。



今回のアートフェア参加の経験を踏まえ
「子供連れで参加する場合の注意点」を整理してみました。

まずギャラリーはガラスケースの展示は殆どありません。つまりそのままの展示です。
連れているオトナが十分中止してなければ子供は触れます。
今回はアートフェアでありますんので展示品は「商品」でもあります。
子供が作品に触らないように十分注意をしてください。
下のフロアの移動スペースははかなり狭いです。
悪天候の平日午後でもかなり多くの来場者がおられました。
今回はベビーカーはオススメできないです。
どうしても!というのなら閉館時間の2時間前ぐらいに入場するのがいいと思います。
そしてアートフェアでの交渉は実は密かに行われています。
子供の大声等には十分注意して下さい。
あとトイレは遠いです。十分お気をつけ下さい。


と最初に注意点ばかり書いてしまいましたが
アートフェアは画廊のスタッフさんと気軽にお話できる良い機会です。
そこで子供に対する態度で「こんど画廊に伺ってもいいですか?」と
聞いてみてください。
そこで好感触だったらぜひ実際に行って見て下さいね。
一度会ったことがあるスタッフさんや絵を見つけたら
きっと子供も興味を持ってアートと向き合えるはずです!




ちなみに
今回はいくつか販売したいのかそれとも作品を近くで見てほしいのか
目的が整理されていない感じの画廊さんがあって
ブースに入りづらいなって感じる時は何度もありました。
こういう場所では迎え入れる側のスタンスがぶれてると
来場者としてはとても入りにくいです。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク