2010-02-20

佐藤美術館「?サラリーマンコレクター30年の軌跡? 「山本冬彦コレクション展」」に行ってきました。

sato0219

佐藤美術館にて
「?サラリーマンコレクター30年の軌跡? 「山本冬彦コレクション展」」を観てきました。

目的はただ1つ。
富田菜摘さんの作品を観るためです。

memeさんの記事にて「平面作品が多い」との記事を拝読して
「絵画中心なのになぜ立体作品の富田さんの作品が山本さんの購入意欲に火をつけたのか」
をぜひ知りたかったからです。





私が初めて富田さんの作品を観た時に感じたのは


「うわっ!カワイイ!!!」


という瞬間的なワクワク感でした。
雑貨店で偶然出会って人惚れして買わずにいられないような
お気に入りの雑貨のような感じ。
そしてその雑貨は家で大切にでも一番目立つ玄関に置かれ
その家に宅配を届けた業者さんとかが

「お!なんかカワイイですね!」

なんて会話が始まるような感じ。


シンガポールで見た作品は大型だったけど
でも親近感とワクワク感が同居してる可愛らしさは健在。
そして当展覧会でもその可愛らしいパワーを
とても爽やかに発信していました。


山本さんはご自宅に飾ることを前提に作品を購入されてるとのこと。
富田さんの作品は絶対に

「入口にぴったり!」

って思ったんだと思います。
ちなみに当展覧会でも入口付近の展示でした。






ギャラリー巡りをするようになって

「作品を購入」=「我が家にあう作品って何だろう」

という発想が出てきました。
自分の家、自分の部屋、そしてその部屋の壁や光。

子育て主婦という原則自宅の生活をしてると
家って実は常に変化してるって気づくんですよね。

家に差し込む光
周辺を歩き回る子供やペット
片付け途中の雑貨や本
そして掃除の進行具合。。。

その時どんな絵と共に過ごしていきたいか
これだけあると選び甲斐があるだろうなーなんて思ったりしました。
まあこれは女性的な発想だと思うのですが。。。
大体絵を掛け替える前に掃除しなさい!って感じですよね(^^;)



富田さん以外の作家さんの情報は全く見ませんでしたけど楽しめました。
息子は小さい作品が多かったせいか富田さんの作品以外は
あまり食いついてくれませんでしたが。。。




ちなみにTwitter情報。
自転車や空き缶などの廃材を素材にユニークな動物や人体作品を発表する富田菜摘さんが、
BSTV「熱中夜話」にて作品・ご本人が紹介されるそうです。
放送は2/26(金)20時?
テーマは「節約・エコ」だそうで節約を楽しんでる人の1人として紹介される模様。
ぜひチェックしたいと思います!
http://www.nhk.or.jp/nettyu/ 


当展覧会は2月21日(日)まで開催です。
作品購入を検討してる人にはオススメです。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク