fc2ブログ

2010-02-11

小津ギャラリー「剪画展 「喜怒哀楽」 by切紙4℃」を観てきました。

ozu021106

小津ギャラリーにて
「剪画展 「喜怒哀楽」 by切紙4℃」を観てきました。



最近は意識していろいろな作風の作品に触れるようにしています。
オラファーの次が剪画展なんて素敵!ですよね。ですよね。
無限に変わる光の作品。1枚の紙を切り出す剪画。
どちらも最初は人間のアイデアが元になり人間の手を通じて作品になったもの。
いろんな場所を刺激しなきゃ!ということで
雨が降りそうな寒空の中出かけました。


駅から降りたらなんとiPhoneの入力ミスでしばし遭難。
小雨の中大都会を一緒に徘徊してくれる息子に感謝。
場所を再確認し直していざ小津ギャラリーへ。


注:写真の撮影・掲載は主催者の許可を頂いております。


到着すると剪画のLiveが行われていました。
あららのらいつの間に息子さん特等席を陣取りガン見。
ozu021101

余った時間で息子の名前を入れ込んだ小作品まで作って頂きました。
ありがとうございます。。

息子はその間切り落とした破片で遊び開始。
ozu021102

この後も破片をいくつか収集。
作品にするんだそうです。
(本日は睡魔に勝てず寝てしまいましたが・・・)


LIVEで出来ていく様って楽しいですね!


私自身は「剪画」というのは明確な構図の構成時間があり
厳密な下書きをしたものを切り出していくと思いこんでいたのですが
先生によってさまざまな方法があることに驚かされました。
そしてその切り出したものを「いかにして重ねてみせていくか」という立体的なデザインが加味されて
とても動きのある作品が出来るのだな!と実感させられました。


息子は「1枚の紙を切る」という作業が
折って切ったり重ねて切ったりすることで
1回の作業が多様なラインを生み出す事に改めて感動していました。

先生方の作品がこちら。「喜怒哀楽」を示してるんだそうです。
(クリックすると拡大します)
ozu021103


その他にも素敵な作品がいっぱい。
ozu021104
ozu021105
ozu021107
ozu021108

作家さんそれぞれの作風や制作手順があり
本当に個性豊かでした。
作品のテーマの探し方や展示の仕方もバラエティ豊か。
紙そのものも本当に美しかったなー。
手が入らない場合は自分で染めるんだそうです。凄い。


そしてものすごく精巧で完成度が高い作品達ばかりなのに
「なんか自分もやってみよっかな」
と思わせることが出来る「敷居の低さ」が
この剪画の魅力を増大させてるんだろうなと改めて感じました。




今日は存分に堪能させて頂きました。
本当にありがとうございました。
スポンサーサイト



theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

切紙4℃の吉田健嗣です。

昨日は寒い中ご来場頂き、有難うございました!
剪画を通して素敵な縁を持てた事に、とても嬉しく思っています。
将来、ご子息に批評される日が来るのを楽しみにしています♪

ありがとうございます

こちらこそ楽しい時間を本当にありがとうございました!
息子には批評する前にまず剪画を楽しめるように
今から鉛筆の持ち方をしっかり教えたいと思います!

切紙4℃の小野寺です

かわいい息子さんとのご来場ありがとうございました。
剪画を少しでも多くの方に見て頂くため、ライブも時折行うべきだと実感しました。
これをご縁にこれからも剪画の作品展をお訪ね頂けると嬉しいです。
またお会いする機会を楽しみにしています。

Re: 切紙4℃の小野寺です

こちらこそ楽しい時間を本当にありがとうございました。
ライブは本当に面白かったです。
ぜひまた伺わせて下さい。楽しみにしています。
アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク