2010-01-31

「Mancy’s Tokyo Art Night」を観てきました。

mancy0131

G-tokyoの帰り道
とても気になっていた「Mancy’s Tokyo Art Night」にも
立ち寄ってみることにしました。


その前後色々寄り道していたので
30分程観るつもりが。。。


2時間近く長居してしまいました。

レストランの個室を使って
各ギャラリーが展示を行っているのですが
これがもうとっても面白い!


まず場所が面白い。
六本木のレストランの2Fのバブリーな雰囲気満載のカラオケルーム
に展示される作品の数々は
大きな会場では決して得ることの出来ない親密感をバシバシ発信しています。
会ったこともないのにまるでよく知っている人が作ったような気持ちにさせます。

特にその親密度を上げるのが絨毯。
絨毯の足の感触を感じながら作品と向き合うと
まるで作家さんに直接見せてもらっているようなドキドキ感が。。

そして何より気に入ったのが会場の雰囲気!
かつての六本木の盛り上がりを感じさせれくれるような
特別な閉鎖感でも実はそれほど高級じゃない雰囲気が
もう懐かしくて懐かしくてたまりませんでした。

気になったギャラリーをいくつか。
【hpgrp GALLERY TOKYO】
映像やオブジェや絵画、映像作品とジャンル多し。
でもみんな爽やかな勢いがありました。
ドローイングの映像作品が素朴でとても楽しかった。

【ギャラリータグボート】
ネットで販売する形式のギャラリーとのこと。
こちらもジャンル広し。
以前代官山で拝見した内田 文武氏の絵画に再会出来たことがとても嬉しかった。

【nca | nichido contemporary art】
ジャナイナ・チェッペの色遣いがとてもよかった。
奥の映像作品もとても気になった。ああ、ちゃんと観ればよかった。

【Gallery2】(ソウル)
【Aki Gallery】(台湾)
2つのギャラリーさんは両方とも自国の作家さんの作品を展示。
「カワイイ」にも種類があることを改めて実感です。


息子は各ギャラリーのブースでくつろぎまくり。
母はヒヤヒヤものでしたが
優しく見守って頂き本当にありがとうございます。
帰りも「寝っ転がってみても怒られないのでびっくりしたけど楽しかった!」
ととても興奮していました。あと
「今日は怖いものが多かった。きっと夜動いてる」
と不吉な予言をしていました。大丈夫でしょうか。。



ああ、このイベントはずっとやってほしいです。
そして親子でこうやってずっと参加して
少しずつ参加する時間が遅くなって最後には息子が
「じゃあいってくるわー」なんて言って自分で参加するまで
続けてほしいです。
今回参加した元気ある作家さん達、ギャラリーさん達と一緒に
私達鑑賞する側も成長していって
何か記念日に作品を購入できるような関係が築けそうな気がしました。
もし参加ギャラリーが増えるようなことがあったら
同じような2階や奥に個室があるレストランを使えばいいと思います。
麻布や六本木ってそういうレストランってまだ沢山ありますでしょ。
あの場所で直島の家プロジェクトみたいにギャラリーのはしごするんです。

まさに土地に根付いたアートフェア。
ああ、考えただけで楽しくなってきます。




とてもオススメなイベントでした。
すでに終了済みですがぜひ定例化を希望します。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク