2008-03-21

サントリー美術館【開館1周年記念展「ガレとジャポニスム」】を観てきました

20080321145523.jpg

運動教室の帰り道
寝てる息子を眺めながら食事を済ませて
寝ている息子をベビカに乗せて
サントリー美術館に向かいました。

【開館1周年記念展「ガレとジャポニスム」】
下見するためです。

私は親子アート鑑賞において
「自分が「観たい!」と意欲満々でない展示」は
下見するようにしています。
なぜなら連れて行く側が意欲満々でないと
「どうなのかなあ」という気持ちが
息子に伝わって「この展示つまんない」と
思われては嫌だからです。


今回の「ガレ」は自分でも観たいのかどうか
いまいち気分がはっきりしなかったので
どんな発見があるか楽しみに向かいました。


結論としては
見応えがあり見せつけられた展示でした。


展覧会は下記の4つの構成です。

第1章:コラージュされた日本美術・・・ジャポニスム全盛の時代
第2章:身を潜めた日本美術・・・西洋的表現との融合、触れて愛でる感覚
第3章:浸透した日本のこころ・・・自然への視線、もののあはれ
第4章:ガレと蜻蛉


ここで第1章、2章でガレの作品の中にいくつか
日本で作られた作品があります。
この作品が素晴らしすぎるのです。
ガレの展覧会なのにガレがかすんでいるように
私は感じてしまいました。

花器や壷というある意味
「日常に存在するもの」を作品として陳列すると
歴史や宗教観が背景に感じられる日本の作品のほうが
明らかに迫力満点なのです。
私自身はこの迫力の差を最後まで
引きずってしまいました。
なんか力の差。歴史の差を
見せつけられた気分でした。


正直ガレというと
伊豆のガラス美術館の
イメージがぬけなかったので
今回のサントリー美術館の展示で
そのイメージを払拭したかったのですが。。。


でも花器や壷、絵皿の見せ方は
本当に綺麗でした。
光の当て方などは息をのむほどでした。



今回の展覧会は
起きてる息子を連れては行かない予定ですが
私個人としては行って良かったです。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク