2009-10-17

三井記念美術館「慶應義塾創立150年記念「夢と追憶の江戸ー高橋誠一郎浮世絵コレクション名品展(中期)」を観てきました。

mitsui101701

ただいま旦那さんがお仕事でとても激務な我が家。
なので土日も基本母子で過ごしています。
公園は時間がもたないし
買い物行っては無駄な散財しちゃうし。

なので今私達には美術館が本当に必要なのです。

今日は午後は三井記念美術館に
「夢と追憶の江戸ー高橋誠一郎浮世絵コレクション名品展(中期)」
を観に行く事にしました。

今朝写楽に史上最高5350万円=落札総額3億円超す?パリで浮世絵競売
というニュースを聞き(我が家は基本FMラジオ派なのです)
母子で「浮世絵観に行きたいねー」と盛り上がったのがきっかけでした。




土曜日午後という
私としてはあまり伺わない時間帯。
混んでいたらどうしようかと少しひるんでいたのですが
とても心地よい感じの混み具合でした。

なんと今回は息子にもチケットを下さり
二人分切っていただき入場。


前期で思わず息をのんだ第一展示室の美しさは今回も健在。

写楽の「二世小佐川常世」もとても生き生きと展示されていました。息子は

「この写楽のかいた人は綺麗じゃないねー」

とさも分かったようにぼそっと。
じゃあ誰が綺麗だった?と聞くと


「子供たちを沢山書いてる人のおかあさん。だって優しそうだもん!」


おそらく鈴木春信と思われます。

確かにそちらのほうが優しそうね。





葛飾北斎の冨獄三十六景神奈川沖浪裏もじっくりと鑑賞。
こちらの浮世絵は何度か拝見済みだけど
今日は本当に心地よい混み具合だったのです。
あと第一展示室はとてもゴージャスだけど観やすいのです。

息子にはこの浮世絵がヨーロッパで数々の作品を生むきっかけになったことを
簡単に説明。


「すてきなさくひんはすてきな作品を産むんだね!」


と息子目をキラキラ。
そういう風に考えてくれると母はとっても嬉しいです。





展示室を進むと役者絵も増えてきます。
息子益々嬉しくなって私に
「これはどんな役?」と聞いてきます。

成田屋さんや高麗屋さん等本当に有名な役者さんなら
なんとか説明出来ますが
正直分からない役者さんのほうが多い・・・
こういうのって全部分かる人いるのかしら。




最後の広重ワールドは
見ているこちらも旅に出たくなります。
息子は「日本橋」に大興奮。

「さっき通ったところが書いてあるなんてすごい!」

確かにワクワクしますね。




ちょっと前に江戸東京博物館で新版画の展覧会を観たばかりだったので
新版画のジャンルも抵抗なく鑑賞。

ただ私の不勉強からスプラッター的な画風がどうしてこの時期からあるのか
3歳児にうまく説明できません。
今後の課題です。っていうか私もスプラッター的なものは私自身も観てて
心地よいものではないのであまり気にしないでほしい。。。





楽しく鑑賞させて頂いて窓を見たら雨が降り始めていました。
mitsui101702

鑑賞後はすっかりお気に入りになった
カフェで今度は甘味を。
こちらはおざぶとんとか貸して下さるので
とても助かっています。
いつもありがとうございます。



今日も楽しい鑑賞になりました。
前期を見た方、絶対見たほうがいいです。
秋の日はつるべ落とし。すぐ後期になってしまいます。
どうぞお早めに。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク