FC2ブログ

2009-10-15

上野の森美術館「聖地チベット展?ポタラ宮と天空の至宝」を観てきました。

chibet1015

東博を堪能した後今日は遅いので
日比谷線を使って帰宅することに。

上野駅までテクテク歩くと
上野の森美術館の前に出ました。
今回はこちらのチケットをお世話になっている方から頂きまして
何回か訪れたいと思っていた
聖地チベット展?ポタラ宮と天空の至宝」の看板が。


まずは予習を兼ねてということで
入ってみる事にしました。


Takさんが先日記事にされていたので
それなりの予習をしていたつもりでした。

息子にも
「日本のほとけさまとお顔やポーズが違うのよー」
「目の表現が違って面白いねー」
「腰くねくねだねー」

等気軽な気持ちで二人で観ていました。
確かに日本の仏像とは明らかに「違う」表現方法。
コミカルな部分あり、妖霊な部分ありと
【好みは別れますが】表現方法としては
とてもバラエティに富んでいて
観ていて楽しくなる作品が多かったのですが。。。



奥に行けば行くほど私は無言。。。



私は大人なので
男女合体仏がどーも気になって仕方がありませぬ。
Takさんの記事にもありましたが
気がつかなければそのままって感じなのですが
気がつくととにかく気になって仕方がないって感じなのです。。


息子は
「お手々やお顔や足が沢山あるねー」と
話していて最初は「そうねー」と話していたのですが
2Fになるとどうも「そうねー」では済まないものも多く
私だけがドキマギしてしまいました。


この展覧会、子連れにはなかなかハードル高いです。
そしてその高さは男女合体仏だけではありません。


チベットという土地の近況からの推測ですが
この仏像達はおそらくチベットの国の人達ではなく
中国が管理していているはず。
となるとチベット仏教を信じる人たちの為の仏像のはずなのに
そのような人に拝んでもらえれることなく
別の国の力で異国に連れてこられ
異国の人々の煩悩にさらされているわけです。
このままでいいのでしょうか。
この仏像達に、仏像を信じてる普通の人たちに
私は何か出来ないのかとか色々考えてしまいました。


なんてことを考えたりしながら
この展覧会男性数名で行ったりしたら
案外盛り上がるのではないかなんて
無駄な妄想とごちゃ混ぜにしながら帰宅しました。
スポンサーサイト



theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

壮麗なチベット美術

上野の森美術館で「聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝」を見たよ。

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク