2009-10-15

東京国立博物館「皇「皇室の名宝?日本美の華 1期」を観てきました。

kousitu01101501

サッカースクールの帰り道
「絶対寝ない!美術館で遊ぶ!」と言い張るので
ハプスブルグでも。。と思ったら
息子日比谷線で爆睡。

寝ないって言ったでしょーと思ったが
路線図を見ると暫く乗ってれば上野に着くではないか。
だったらここで昼寝させて上野行くかーと思い直し
上野へ行きました。


上野駅移動中に起きまして
アイスでしっかり目を覚ましてもらって
いざ「皇室の名宝?日本美の華 1期」へ行く事にしました。


いつもと違い到着は午後3時くらい。
しかし思った程混んではいませんでした。
どうも東博の人気展示って薬師寺や阿修羅のイメージがあって
何十分待ちっていうのを想像してしまうからでしょうか。

空いてはいませんでしたが十分楽しめました。
人気展示はこのくらいの時間がオススメなのかもしれません。

まず今回必ず見ておきたかったのは
「唐獅子図屏風」狩野永徳・狩野常信筆。
こちらは「豊臣秀吉」が小柄だったので
威嚇の為書かせたと「迷宮美術館」で以前見たのですが
いざ本物を観るとあまりの大きさにびっくり。
息子も「おおきいねー」とビックリしていました。


次の部屋の「若冲ワールド」は物凄かったです。
この部屋には夜寝たくない。絶対にいくつか動いてます。
そして「今日珍しく親子連れきたよねーおかあさん太ってたわよね」とか
話してるのが聞こえてくるに違いないです。。。

1つ1つの表現が物凄く細かいのはもちろんなのですが
コミカルというか観ていて可愛らしい雰囲気が
動くんじゃないかという妄想をかき立てます。
いやーすごかった。お腹いっぱいです。
なのでその後の部屋が疲労感の中観る感じがちょともったいなかったです。。
北斎「西瓜図」とかもっと穏やかな気持ちで観たかったなあ。


贅沢な悩みですね。


第二展示室は近代だしーそんなに疲れないかなって思ったのですが
こちらもものすごく面白かったです。
横山大観の「朝暘霊峰」や平福百穂の「玉柏」等は
いつまでも観ていたいような大作。
スーパーフラットな背景(金箔の張り方がとても綺麗)に
「気合いを込めて」描かれた個性溢れる風景は
清々しさも感じられます。

「ああ、この依頼があった時本当に嬉しかったんだろうな」

としみじみ感じされられました。

第二展示室で一番大きい春郊鷹狩「秋庭観楓図壁掛」の迫力も物凄い。
これは迎賓館とかそういう場所に飾るのが目的なのでしょうか。
海外からのお客様がこれ観たらもうクラクラしちゃいます。。。

第二展示室を堪能しながら
昔仕事の関係で迎賓館を見学させてもらえることがあり
金屏風に鉄が仕込んでるのに驚いたことを思い出したりしました。
ちなみに迎賓館で一番安く仕入れている備品は何ですかと質問したら
「綿棒です」と答えてもらった事も思い出しました。




話がそれました。



このような数々の展示を厳密に管理、不具合を修繕、そしてこのように披露することは
この不況の中「皇室」しか出来ないのではないかなと改めて感じます。
あまり皇室という存在を意識したことがない私ですが
今日はなんだか「ありがとうございます」な気分になりました。




今回時間が時間だったのかもしれませんが
お子さんの姿は見かけませんでした。
しかしまあ息子は終始ワクワクドキドキ。
遠くから観たり近くからみたり抱っこで観たりと
思う存分堪能していました。

でもさすがにこの量には疲れたそうです。
特に若冲ワールドの部屋にはもう。。。
本人は「諸魚図」の大タコの足に小さな子ダコがいるのを発見し
「ぼくみたいだー!」と大興奮。

後は「老松白鳳図」を「赤いハートだから女の子!」
老松孔雀図」を「青いハートだから男の子!」と
勝手に解釈。
この2枚は仲良しなんだよ!って勝手に解説していました。
(Takさん画像リンクお借りしました。)


彼の総括としては

「こうしつっていうのはお金持ちなんだねー。
 あいふぉん沢山もってそうだね!」


今の彼にとって「お金持ち=iPhoneユーザー」の様です。





展示を堪能した後は
いつものように1F左奥の休憩コーナーで柚餅を堪能。
kousitu01101502

こちら小分けの袋の販売を開始していました。(お値段241円!安い!)
この小分け最高です。ちょっとした休憩、おやつに最適。
適度な堅さ、大きさ、程よい甘さなので子供にも安心してあげられます。

kousitu01101503

大好きな日本画をどっぷり堪能して
大満足な息子。
帰りはものすごくご機嫌でした。


スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

皇室の名宝-日本美の華- 1期 (前編)@東京国立博物館平成館

 上野の東京国立博物館平成館で明日から開催される「皇室の名宝-日本美の華- 1期...

comment

管理者にだけメッセージを送る

玉柏

こんばんは。
百穂の「玉柏」が、どうしても思い出せないのです。
思い出すためにも、再訪したいんですが土日は
混んでるでしょうね。

Re: 玉柏

こんばんは。

あらそれはとても残念。。。
でも正直あれだけものすごい力量で「これでもか!」って感じで
来られてしまうとぬけ落ちてしまうものがあるのも仕方がないかも知れません。
平日午後3時はまだ受け入れられる感じではありました。
土日に行かれるのならとにかく早めがいいのかなと思います。
アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク