2009-09-30

ワタリウム美術館「ルイス。バラガン邸をたずねる」を観てきました。

watari093001

美術ブログを本格的に始めてから
数々の出会いに恵まれています。

今日出かけたワタリウム美術館も
そんな素敵な出会いからオススメされた展覧会。
「ルイス。バラガン邸をたずねる」を観てきました。


事前にHPで内容を確認して
「これは大人向けだな」と感じたので
息子が保育園の日に行ってきました。


子連れで美術館がコンセプトではありますが
子連れで行けない場所に無理にはいかないようにしております♪


こちらの展覧会のコンセプトはハコの中に家を再現するというもの。
ワタリウムの内部に、バラガンの私邸を建築家の妹島和世さんと西沢立衛さんが
「再現」するというもの。
もちろんワタリウムはワタリウムでしかないので
ここにどう再現するのかなという疑問と期待を持ちながら出かけました。





入場時に「お荷物預かります」と言われどうしてなのかなと
思ったのですがいざ入ってみて納得。


これはまさに再現。
1つ1つの椅子、テーブル、お皿など全て揃って「作品」なので
大きな鞄等がぶつかっては大変!

っていうことかと最初は思ったのですが
もしかしたら

「お呼ばれして家の中に入ったら鞄は置いておくでしょ?」

ってことなのかなと思いました。


高い天井や天窓は
「再現」に


そしてすごいなと思ったのは窓からの景色との調和。
このお店が見えるのです。
watari093002

美術館内から見ると
なんだかメキシコの雰囲気にぴったり。
これってあわせて作ったわけではないですよね。すごいなあ。
まるではめ込んだみたい。


楽しい展示方法だなっ楽しいなと進んでいったのでうsが
楽しい気分が変わったのは最上階の寝室。




なんかスピリチュアルな空気がぴーんと感じました。
ここは再現ではない。
バラガンさんいるわ。




寝室っていろんな事を考える場所。
2階、3階で見た数々のドローイングが産まれる前の「ふあふあしたもの」
を明らかに感じました。


2階、3階までは「再現」と感じましたが4階まで行って


「ああ、これは作品だ」


と強く感じることが出来ました。


寝室を見たあとに見たリビングや書斎は
明らかに違って見えました。


通常「お呼ばれしたお宅の寝室」って行かないですよね。
間違って入っちゃったりしたらドキドキしますよね。
なんかそんな感じも作用してるのかな。


開催期間長いのでまた来たいです。
さむい冬の中メキシコの家を再現した作品を
どのように感じることが出来るか
ぜひ確かめたいです。




ちなみにこちらのチケットはパスポート制。
期間中は再度入場可能とのこと。
次回はギャラリー・トークの時間にあわせて
行ってみたいと思います。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

キースですかね?

こんにちは
ご無沙汰しております お元気そうでなによりです
スタッフに預けて頂いた冊子、受け取りました
覚えていて下さって感激でした ありがとうございます

実は以前ワタリウムで働いた事があり、
昨日ショップに寄っていたので、ついコメントを
(昨日は時間がなく、鑑賞は後日に譲ることにしました)
向かいの旧店舗の壁画はその昔キース・ヘリングが描き、
2007年に被せたパネルの上にバリー・マッギーが描いたものです
写真を拝見する限り、パネルを剥がしてあるようなので、
おそらくキース・ヘリングのものと推察します
私も近日中に鑑賞に行ってきます

明後日の土曜日はアラタニウラノにおります
よろしければまた遊びにいらしてください 今は木彫作品の展示です

Re: キースですかね?

こんばんは!

こちらこそご無沙汰しております。
情報ありがとうございます。
このようなつながりで情報を頂けると本当に嬉しいです。
ワタリウム美術館の奥深さを再認識出来た
素晴らしい展覧会でした。
ぜひまた再訪したいです。

アトリエにもぜひ伺わせて頂きます!
明日行けるかどうかは息子が昼寝をするかどうかで決まります。。
行けたらいいなあ。。。

キースでしょうね

こんにちわ

先日は、河口龍夫展でご挨拶させていただき、ありがとうございました。

相変わらず、精力的、ですね。すばらしいです。

ワタリウムの向かい、確かに気になりますよね。時折前を通りながらみているのですが、そうですか、いま、バリーマッギーから変わっているんですね。また見に行かなきゃ。

Re: キースでしょうね

こちらこそありがとうございました。
河口龍夫展は先日再訪してみました。
より深く感じられてとても良かったです。
アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク