FC2ブログ

2019-08-21

MIZUMA ART GALLERY「岡田裕子展「ダブル·フューチャー」」を観てきました。



MIZUMA ART GALLERYにて

「岡田裕子展「ダブル·フューチャー」」

を観てきました。


一時帰国していたわけですが、実はものすごい事件が一時帰国直前に起きました。
私、息子が水浸しにした洗面所で派手に転倒して
バスタブの角に頭を強打して、流血。8針縫いました。。。
自分で止血してそのまま病院に行くという強硬策を
なんともおもわずやったのは
修羅場上等人生だからでしょうか。
頭部に包帯って頭に色々巻いてる国でも
やっぱりギョッとされるんですね。
マレーシアで縫っていただき
抜糸は日本でという国を跨いだ治療に、もう笑うしかなかったです。



そんな頭部負傷状態で拝見したこちらの展示。
岡田さんとは同じ母として仲良くさせて頂いていると同時に
とてもとてもアーティストとして尊敬しています。




今回は

「臓器提供が一般化した未来、
提供者情報の提供ができない代わりに
自分の臓器をジュエリーにして渡す習慣ができたら
どうなるだろう?」

というコンセプト。
自分の体の内面の具現化と
その具現化を別の世界に一人歩きさせる表現。

これ、頭縫われたばっかりの自分としては
とても面白かったんですよね。
頭を縫われてる際、こちらの病院の先生は


「マダム、痛かったら言ってね!聞くことはできるからね!」


と爆笑しながら
しかもめっちゃ流血させながら
縫ってくれたのですが
(なんだよ聞くだけかよ!と自分の血が滴る様をみながら笑うしかなかった)

この血ってどのくらい私の体の中に入ってるんだろうとか
この体の中に自分の臓器があるわけだけど
息子も私の体の中に入っていたわけで
そうなると私の体の中の一部が外に離脱したってことなのかなとか
この流れる血と今朝私をすっ転ばせた息子は
全然違う形態だけど実は根底は一緒なのかなとか
色々考えていたんですよ。

よく、赤ちゃんや赤ちゃんのように可愛いっていうのを
「食べちゃたいくらい可愛い」って
言う表現がありますが
その「食べちゃいたい」っていうのは
自分の体内(身体内宇宙空間)で一体化したい
ってことなのかなとか。



この「ダブル·フューチャー」展を拝見しながら
あの時考えていた
人の体の中の宇宙性と
身体内宇宙での造形美について
こんな風に具現化できるんだなと
とても感銘を受けました。

同時に頭部の傷がちょっとウズウズしました。
(おかげさまでもう完治しております!)

この「岡田裕子展「ダブル·フューチャー」。
作品集も出てまして鑑賞当日がギャラリーに到着したばかりの日で
一番最初にサインを入れて購入させて頂きました!



「俺の産んだ子」と共に読み返しながら
頭部の傷跡と傷のために毛刈りされた後頭部
(もう髪伸びました)を撫でると
身体内の宇宙が感じられて超面白かったです。

こちらの展覧会、市ヶ谷では終了ですが

岡田裕子「NADiff Theater ★ Double Feature」

としてNADiff A/P/A/R/T 1Fにて
絶賛開催中とのこと。
(NADiff は行くたびに毎回迷ってしまう😭)
こちら、9月14日には岡田さんのトークもある模様。
ぜひ詳細をこちらでチェックして、足をお運びください。
スポンサーサイト



theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク