FC2ブログ

2018-05-05

Wei-Ling Contemporaryにて「SEEN 」を観てきました。




クアラルンプールのWei-Ling Contemporaryにて「SEEN 」を観てきました。


クアラルンプールのギャラリーをチェックする一番楽な方法は、
FaceBookページをチェックすることです。
情報を辛抱強くチェックしていくと時々「!!!!」
という展覧会に出会う事ができます。




以前、インターネットで拝見し「うわこれすげえ」と思った作品がありました。
それはニューヨークの街角で拾った「ポイ捨てされたゴミ」や
「髪の毛」から採取したDNAによりその人の顔を
3Dプリンターで再現するという作品。
Heather Dewey-Hagborgの「Stranger Visions」は
こんな事が出来るのか!と驚かされるような衝撃がありました。

作品は総合インスタレーションのスタイル。
そのゴミを拾った場所、
ゴミそのもの、
そして周囲の情報が表示されています。
取り出したDNAの情報から性別、瞳の色なども表記されています。
DNAの情報量が多ければもっと詳細な情報、
例えば「そばかすの数」などの情報も手に入れる事が出来るそうです。
ちなみに制作過程はこんな感じ。



そしてこのデータによって再現された顔とともに
展示はとても静寂を込めて置かれています。
この静寂とデータによる再現の残酷さは
とても微妙なバランスです。
見ていてとても興味深いけど同時にとても恐ろしくなります。
ゴミは捨てなければと想いを新たに出来るけど、
でも髪の毛って勝手に落ちるやん!どうしろって!!



今回、このHeather Dewey-Hagborgの「Stranger Visions」
がマレーシアのクアラルンプールにある
Wei-Ling Contemporaryで展示されるとのこと。
こりゃ観にいくしかない!と観に行きました。



今回はグループ展としての開催。
テーマは「Seen」。「See」の過去形ですね。






今回はみるという事がテーマです。
私はシンガポールに越してから「見る」という事に対して
少し考え方が変わりました。
シンガポールは監視社会として有名です。
私はシンガポールは(実際気がついていなかったのだけど)
多くの監視カメラがある社会であることを知ります。
最初は驚きましたが、でも別になれちゃうんです。




「見られてる」ことは慣れて消える。




今回の作品たちは
見るという行為が消えていく様を
とてもシンプルなアプローチで捉えています。
見るという行為そのもののシンプルさと、
見られる事によって持っていかれるもの、
失うものへの多角的アプローチとして表現されている
「見られる側が忘れていた部分」を
より明確に強制的に思いだせ!と
攻め込んでくるので辛いです。


もちろん注目したいのは
Heather Dewey-Hagborgの「Stranger Visions」。
おおおやっとゴタイメーン!






そこで感じたのは不気味なほどの静寂さ。
写真で拝見した時と別の印象も。
それは「3Dプリンタの精度」でした。







今回の作品は2013年に発表されたもの。
近くでみると肌のカーブが細かい平面の集合体である事が肉眼でもわかります。


2013年の時点で
「技術進化によりこの再現の技術はどんどん上がっていくだろう」
とのこと。


確かに2017年の作品は映像を見るだけで
既に再現力が格段に上がっていることはわかります。


技術の進歩により
「見られる」という行為はどんどん鈍化していくのでしょうか。
その鈍化により見られる側である私たちは何を失うのでしょうか。



ちなみにこの作品。
ポンピドゥーセンターとプライベートコレクションとして
所有者がすでにいるそうです。
この事実も結構怖い。
自分の知らない場所で知らない人に自分のDNAが開示されてる。。
これは子供が成人とか老人になった時どうなってんのかなあ。。
と改めて身震いしました。


7月1日まで。
MidValley Megamall という非常に大きなモールの最上階に
展示スペースはあります。非常にわかりづらい場所なのでご注意ください。
詳細は公式FBページをご参照ください。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク