FC2ブログ

2018-02-03

Artscience Museum「Art from the Streets」を観てきました。


Artscience Museumにて

「Art from the Streets」

を観てきました。


このブログを長く観てもらってる方だと
私がBanksyやJRが好きでずっと前から追いかけていることを
思い出して下さる方も多いと思います。


特にBanksyは映画も大好き。
彼の行動はずっと注目しています。


2011-07-24
Banksy初監督作品「Exit Through the Gift Shop」を観てきました。


2015-08-21
Banksy Dismaland Parkが開園するんですって


そして実際には観に行けなかったのですが

「 Banksy does New York 」


もすごく興味深かった。


私自身はニューヨークに行ったのは2010年が最後なので
随分変わったと思うのですが


やっぱりストリートアートって
逃げてなんぼだと思うんです。


能天気に書いてたら
絶対捕まるようなことを
ステンシル(スプレーで型紙を作って速攻で吹き付けて書く)で描いたり
事前に用意していたポスターをとにかく速攻で貼ったりして


逃げる。


そう、逃げてナンボ。




私の中では
許可をもらって描かれた作品と
逃げた結果そこに生き延びた作品は
明確な違いを感じました。


それはどっちが偉いとか
どっちが偉くないとかではなく

違法の状態で描かれた作品にも
許可の上で描かれた作品にも

そこにある過程に社会的な意味や裏がある。

その作品がそこにある意味の解釈の挑戦。
そこを感じ取れるとこの展覧会の深さが感じられるのではないかな。



ストリートアートと言われたものを
許可を得た上で書くって
ものすごい挑戦だと思います。
承認と観察のプレッシャーが加わった上で
その作品と向き合うって
ものすごい挑戦だと思う。マジで。



先ほどストリートアートは逃げてなんぼって
書きましたがJRは別に逃げてないけど
ストリートだと思うんですよね。


2013-02-12
ワタリウム美術館「JR展「アートで世界は変わっていく」」を観てきました。


ここのTEDなどでも出てきますが
私が心震えるストリートアートは


壁だけじゃなくて
その壁がある場所、
その壁の周辺で暮らす人、
そして
その壁を取り巻く社会


があってストリートアート


な感じがします。








「Street」ってなんだろう。

そこにある作品ってなんだろう。

その作品がそこに過程を認識すること。
その行為が「アートがそこにある意味」を
もっと深く感じれるのだろうなと思いました。


もっと、色々散策しよう。


6月3日まで。
詳細は公式ホームページをご参照ください。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク