FC2ブログ

2017-10-18

Japan Creative Center「An evening of laughter – Kyogen in contemporary time A lecture & demonstration by Mr Doji Shigeyama & Mr Hiromi Shimada」

fc2blog_20171019100653669.jpg


Japan Creative Centerにて

「An evening of laughter – Kyogen in contemporary time A lecture & demonstration by Mr Doji Shigeyama & Mr Hiromi Shimada」

を観てきました。


私たちは、伝統芸能が大好きです。
特に好きなのは歌舞伎と狂言。
狂言は、東京で生活していた時お稽古をお願いしたこともあります。
転居してしまったので長く続けることは出来なかったのですが
あの時のお稽古はとても良い経験でした。


その狂言がこのシンガポールで拝見できる!とのことなので
親子でとても楽しみに出かけました。


fc2blog_20171019100726378.jpg

そして全然不勉強だったのですが
今回の先生である茂山先生は「バイリンガル狂言」の演者として
とても有名な方なんだそうです。
登場の際、「英語どうするのかな。。?」と思っていたので
とても流暢でユーモア溢れるトークに驚きました。

ちなみに

「伝統芸能見たことある人」 →息子さん挙手✋
「歌舞伎見たことある人」 →息子さん挙手✋
「狂言見たことある人」 →息子さん挙手✋
「能見たことある人」 →息子さん挙手✋

「狂言やったことある人」 →息子さん挙手✋

_人人人人人人人人_
> 先生びっくり!! <
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


どこで?って思わず聞かれて流暢な英語で答えた息子さん。
先生が明らかに混乱してたので「私たち日本人です」と
答えておきました。(びっくりさせてごめんなさい)



そしてトークスタート。
トークとパフォーマンスは
とてもシンプルなステージで開催されました。
これが出来るのが狂言のいいところですね。
歌舞伎も能も演目が基本長い。
そして歌舞伎は舞台装置がいるし
能は舞台がいる。そして眠い。

でも狂言はそういう問題がありません。
演目は長くても20分程度。
演者は紋付袴で、舞台も別になくても演じることが出来ます。

そして基本コメディであるところも
わかりやすくてとてもいい。
歌舞伎の人間関係や
能の静に対して全力で向き合う姿勢などは
現在の日本人でも結構理解が難しい。
みなさん言葉がわからなくても
仕草や音でとても楽しんでおられました。


fc2blog_201710191008068e0.jpg

そして観客の皆さんが
先生の発声に最初すごくびっくりして
次からその先生の声を心待ちにしてる様が
なんか私まで嬉しくなりました。


本当に伝統芸能って面白い。
しかもこの日、このイベントにジーンズやTシャツでみんな来てる。
そしてみんな興味津々。

服装はこうでなきゃとか
そういうのを全部置いておいて
感情中心で楽しめる感じ、本当にいいと思います。


このような伝統芸能を味わう機会って
東南アジアでは沢山あります。
素晴らしい活動なのに
実はあまり知られていません。。。


このような活動が行われていることを
東南アジアに住んでいる日本人の人にも
もっと知ってほしいと思います。


イベントは既に終了しています。

スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク