FC2ブログ

2017-10-10

ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」 を観てきました。

fc2blog_2017101023330571f.jpg


ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」

を観てきました。


私の中で、実は横浜トリエンナーレってしばらく苦手意識がありました。
それは私の中で


「トリエンナーレって祭でしょ!!!」


的な思い込みがあったこと。
遠い昔、塩田千春さんの大きなワンピースの作品や
パン人間の行進などがあまりに印象深くて
そしていつも楽しみにしている瀬戸内国際芸術祭の
お祭り感をヨコハマという場所にもつい求めてしまっていました。
自分としては近年行われる芸術祭が都市中心に行われることが
どうしても自分の中で消化できなかったんですね。



時は流れ。



私は拠点をシンガポールに移し
様々なトリエンナーレ、ビエンナーレを様々な国で観ました。
そして私の感じていた祭感は古いということに気がつきました。


祭には色々な形がある。
そして一時帰国。


ちょうどトリエンナーレやん!ってことで
今回グイグイまわりました。

fc2blog_20171010233358050.jpg

fc2blog_20171010233527392.jpg

fc2blog_2017101023361173d.jpg

fc2blog_2017101023365136d.jpg

fc2blog_20171010233819d0d.jpg

fc2blog_201710102338507fb.jpg

fc2blog_201710102339383b8.jpg

fc2blog_20171010234011e6e.jpg

fc2blog_20171010234041169.jpg


全体の感想としては
自分の中での「こうあるべきだったでしょ」感がすっかり外れたので
色々な場所で新たに鑑賞することそのものが
時の行き来を感じてすごく楽しかった。


特に私、横浜で少女時代を過ごしていまして
横浜のこの景色は随分変わってしまったけど
所々に残っている以前と変わらない様々なものを見ながら


ああ本当にあの時の私はどうしようもなかった
本当に可愛げのないダメな女子だった
そしてどうしようもないけどなんかこうやって生きてる


ことにものすごく感動したんですね。だから


今、辛くてたまらない人は
芸術を見にきてそして数年後にまた見にいってほしいな。
トリエンナーレは3年に1回。
だから例えば3年後でもいい。


3年後、またここに来よう。
どんなことしてもいいから
それまで生きていこう。


そんなことを思わせてくれるような
空間を様々な場所で感じることができました。


何年ごとに行われる芸術祭は
ずっと続いてほしいと改めて思います。
芸術の存在を定期的に確認する行為は
人が生きていくことの活力になる。


改めてそう感じました。
3年後どこに住んでいるのか知りませんが
またどこからかここに来ようって
思いを新たにしました。



11月5日まで。
休館日などの詳細は情報は公式ホームページをご参照ください。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク