FC2ブログ

2017-08-17

Langgeng Art Foundation「Seeds of Memory : Japanese artists in Yogyakarta」他を観てきました。




突然ですが、父の葬式の日の夜、母から聞いた話。
昔、子供会の夏祭りのがあり、私の母は係で忙しかったそうです。
その日に「浴衣を着たい」と泣いた私は放置されていました(😅だって忙しかったから。。)。しかし母は反省し、来年は浴衣を!と用意したそうです。しかし次の年、娘の私は浴衣を見もしなかったとのこと。

結論;欲望はその時叶えなくては意味がない。



ネットに掲載されたその展覧会に、私は思わず息が止まりました。
これは実際に見に行かねば!と胸が震えました。そして。。。




来ちゃった。



シンガポールから母子二人旅、ジョグジャカルタ特別州まで乗り継いで行ってしまいました。
スカルノハッタ国際空港は2回目でしたが明らかに去年よりも開発が進んでいました。
しかし国内線は遠い、空港内交通早く作って。



ギャラリー近くのホテルにたどり着いて、早速鑑賞開始。
まずは全体のグループ展「Seeds of Memory : Japanese artists in Yogyakarta」を観るために、LAF「ラングーン・アート・ファウンデーション」に向かいました。




この展覧会はインドネシアに関係する20人の展覧会なんだそうです。
息遣いが聞こえるような作品の数々にここに来た意味を感じます。
前からインドネシアという土地は「生命力が溢れている」と感じていたのですが
この生命力は全ての存在に多大な影響を与えていくことを実感します。
それぞれの作家さんのそれぞれの生命力に
多大な影響を与えていることがその場にいると本当によくわかります。

展覧会タイトルである「SEEDS OF MEMORY」は「記憶の種」ですが
インドネシアでの種ってめっちゃエネルギーを感じるんです。
この種がそれぞれの鑑賞の中でどのように成長していくんだろうか。
私の中、息子の中にどのような種が届けられたのか、ワクワクします。



展覧会は2つの階、地下と2階で実施。
その間を紡ぐ階段にも生命力が宿っていました。




特に、早川純子さんの絵本からインスパイヤされた作品群は
ユネスコの無形文化遺産に指定された
インドネシアの伝統的な影絵人形劇「ワヤン・クリ」を連想させます。
神を連想させる造形ってもしかして世界共通なのかもしれません。



そして場所がめっちゃ素敵。
やばいここずっといたい、クッキーおいしい。
インドネシアのコーヒーって甘くないコーヒーもあり、コクがすごく深いのでとても美味しいんです。


ここまで来る親子は目立ちます。おいしいコーヒー&クッキーにキャーキャー言ってたら
参加作家の早川さんからお声掛け頂きました。
そして時間帯は全てジャワ時間であること(適当)と伺いました。



そこで明日に行こうと思っていた今回の主目的でもある栗林さんの展示
「CAN NOT SEE | DO NOT SEE | DO NOT WANT TO SEE | PRAY」へ。


会場にいらっしゃるキュレーターとして参加されている芸術家の横内賢太郎さんにご挨拶。
あ、このひと、めっちゃかっこいい!と直感で感じるめっちゃ素敵な人。




作品の前ではまさに息が止まりました。
私の父の故郷は福島の会津若松です。なので福島をテーマにした展示というのはとても気になります。
そして去年の1月父を亡くしてからより深く展示について考えます。
とくに会津若松は山間部であるので実際の地震の被害がありましたが
でも山間部なのでそれほどでもなかったですよね的なことを言われることもあって。。

純粋に出来事と向き合ってくれるような作品を求めていました。

作品構成は2つのステンドグラスと2つのオブジェ。
そこから木洩れ出す光にはボルブデュールを
連想させるような宗教的な強さを感じます。

オブジェに見とれていた時。。。
思わず、声が上がりました。
これ、動く。

そうです。オブジェは風で動くのです。
その動きはまるで仏教造形に魂が宿りその像が起き上がるようなイメージ。
とても宗教的な力を感じました。
ボルブドゥールの階段を上がりきった時に感じたような「別の力」がそこにはありました。



造形から感じられる「力」。
その力の源から感じられる大きな「エネルギー」。
私たちはなぜ、今、ここにいるのか。なぜ、ここに導かれたのか。



オブジェが放つ光と猛烈なエネルギーを感じながら
父について、歴史について、そして自分自身について深く、深く考えました。



冒頭のエピソードを改めて思い出します。
「欲望はその時叶えなくては意味がない」。



この展示がここに存在してる時は有限。
そう、この時というのは有限。

あの時、明日この時が終わってしまうと知ってしたら

と感じることが近年多すぎような気がします。
だからこそ、行動できる自分でありたい。
改めてそう感じました。


せっかく東南アジアにいるのだから
行こうと思えば行けるんだから
どんどん足を運ぼう。
私は行ってこんな風に感想を書くことしか
出来ないわけだけど
でもこの行動そのものは
自分にとってとても気持ちがいいこと。


もっと自分を気持ち良くしよう。
明日、いや、10秒後、どうなるのかわからないんだから。


展覧会は8月19日まで。
もしお近くまで行かれるのなら
絶対に絶対に足を運ぶべき場所です。
ぜひ、足をお運び下さい。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク