FC2ブログ

2017-07-02

MIZUMA GARALLY「The Age of Disappearance」を見てきました。


MIZUMA GARALLYにて

「The Age of Disappearance」

を見てきました。

青山さんの作品は六本木クロッシング、アートフエア東京などで
いつも興味深く拝見していましたが実際にお会いするのは初めて。
キュンチョメ曰くこのブログをかなり前をかなり前から
お読み頂いているとのこと。
やっとご挨拶できて本当に光栄です。

今回は池田謙さんとの二人展。
「The Age of Disappearance(失踪の時代)」という
非常に考えさせられるタイトル。



青山さんの刺繍という技法には
裁縫好きだった自分はかなり刺激を受けます。
縫い目に込められた思いとかそういうのを
深く感じてしまうタイプです。




地図のシリーズでは
もう取り返せない時の流れを感じて
なんだか胸が締めつけられました。




そしてこれはなんだろう。。
と思いながら眺めていると池田謙さんが
「蛍光塗料を糸につけて反映させた楽器」なんだと
教えて下さいました。

1つの言葉が持つ指南力って本当に不思議。
ここから広がる世界に脳内で音がつきました。



青山さんとのコラボ作品も。
写真や言葉を読み込めば読み込むほど深みを感じます。



1分ごとにライティングが変わる世界は
まるで世界には表と裏があることを
見せつけられているかのようで
子供を育ててる親として
未来について改めて考えさせられました。


息子は現代音楽家である池田さんに
今、自分が凝ってるガレージバンドについて
色々お話させてもらって大満足。

現在は耳コピが主流なのですが
「次は自分の曲だよ!」課題を頂きプチ動揺。
さあどんな曲ができますかね。。。






圧巻だったのはパフォーマンス。
異空間に引きずり込まれるっていうのは
まさにこういうことなんだろうなーって
空想をしながら鑑賞。

そして何がありがたいって
今回のこのパフォーマンスが30分だったということです。

私の理解が足りないからかもしれませんが
現代音楽、映像の作品をライブで拝見する際は
30分以上は辛いです。
理由は簡単。「次、何が起こるのかが気になってしまうから」。

30分という時間は異空間に引きずり込まれ、そして
「ちゃんと帰れる」体験になりました。
よかったよかった。


ちなみに青山さんは横浜トリエンナーレにも参加とのこと。
秋の一時帰国も忙しくなりそうです。


8月6日まで。
詳細は公式サイトをご確認下さい。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク