2017-06-19

芸術において本物を見ることよりもっと大切なことはたった1つ

とっても考えさせられる記事に出会いました。


プレジデント・オンライン
病院から出られない子供に"星空"を見せる「宙先案内人」という仕事



病院でプラネタリウムを見せる活動をしてる人のお話でした。
ぜひ読んでみてください。
そして考えさせられ、ちょっとだけ泣きました。




本物を見なきゃ!って何なんでしょうね。




プラネタリウムってのは
まさに本物ではないですよね。
でも、そこにプラネタリウムで満天の星を見たとき
めっちゃ感動しますよね。
流れ星とか沢山見たら尚更感動しますよね。


プラネタリウムは本物じゃない。
でもそこに誰も疑問は感じないわけです。
だって、星を見に行ける場所まで行ける人は限られているから。


でも、感動がそこにある。
わああああ!っていう驚きがある、


ーーーーーー
プログラムでは、まず、その日の夜に見える星空を投影します。最初は街の明かりがついているときの星空。その後、カウントダウンをしながら街の明かりを消して、「ゼロ!」で満天の星を映し出します。

その瞬間、ドームの中に「わぁっ」という声が広がります。重度心身障害者の方の表現はさまざまですが、足をバタつかせたり、声が大きくなったりして喜んでくれます。彼らの表情がパァッと明るくなり、目が輝いているのが、こちらにもわかります。
ーーーーーー

最高じゃないですか。これ。
この瞬間に居合わせた全ての人がああよかったって思えますよね。
「わあああ!」この純粋な驚きとワクワクは、本物の星を見るより大切なことなのですよきっと。

ーーーーーー
できることがかなり制限される長期入院生活のなかでは、子供たちは何かをしたいという気持ちを抑えてしまい、願うことを止めてしまう子もいます。でも、プラネタリウムを見ることで、生きているすごさを実感したり、わくわくする気持ちを思い出したりしてくれればうれしい。そうしたプラネタリウムがもたらす何らかのプラスの効果を定量的に示す研究方法も模索していこうと考えています。
ーーーーーー

私はこのブログで何回も書いていますが
本当に私はダメ人間で、芸術に救われて生きています。
美術館がなかったらきっと私は母親業、いや人間業は続けられなかったでしょう。
なので、悩んでいたり辛い思いをしてる人に


「こんな風に気持ちが楽になれますよ」


っていうお節介おばちゃんのつぶやきのつもりで
このブログを始めアートに関わる活動を続けています。


華やかな場所などは本当に華やかなので
もうクラクラしちゃうのですが


でもやっぱり自分は


「悲しい時、辛い時私は美術館に行ったら楽になったよ」


を伝えることを続けていきたい。
そしてそういう人が「こんなおばちゃんが言うだから行ってみようか」
って思って



「うわあああ😍」


って思ってその帰り道に



「何か美味しいもの買って帰ろうかな」



って楽しく帰ってほしい。
全然華やかじゃないし売り上げとかにも関係ないので
美術界からしたら「アート好きなおばちゃんがウロウロしてる」
だけかもしれませんが



でもそんなおばちゃんの話だったら
ちょと聞いてみようかな



って思ってくれるかもしれないじゃないですか。
本当に苦しくて苦しくてって思ってた人が


その話を聞いてなんか気持ちが変わったら
めっちゃ楽しいじゃないですか。


もちろん本物を見ることも大事だし
その場に行くことはとても重要なことなんだけど
「うわああ😍」って言う気持ちはもっともっと大切。


「単なるアート好きなおばちゃんと子供の徘徊記録を読んで
なんか面白いなあって思って
次の日、いつもとは違う本を本屋さんで手に取ってみた」



これだって素晴らしいアート体験だと思うです。



なんかすごく元気をもらえた記事でした。
私も日本に戻る時にはパワポで病院を回って
「アートのお話をするおばちゃん」とかしたいです。
需要ありますかね?
スポンサーサイト

theme : 思うこと
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク