2009-08-14

東京国立近代美術館「寝るひと・立つひと・もたれるひと」を観てきました。

kndai081401
科学技術館で沢山遊んだ後お友達を駐車場まで見送り
帰り道に見えてきたのは国立近代美術館。


息子は今日竹橋に降りた時から
「ゴーギャンだよ!ゴーギャン!」
と興奮気味。
そこで「帰り道に観たいかどうかよく考えようね」
と言っておいたことを思い出しました。



どうしてゴーギャンを知ってるのかというと
迷宮美術館で以前特集を見たことと
訪れる数々の美術館で観るポスターを観て
情報をインプットした模様。


そこで帰り道に再び寄ってみると


行きよりも人は少ない模様。
そこで息子に「どうする?」と聞くと
「行ったことない美術館だから行ってみたいけどでもゴーギャンは好みじゃない」
そうか。じゃあ止めるか。。。と思ったら



「これが観たい!」


と萬鉄五郎《もたれて立つ人》1917年に釘付け。

よく見るとギャラリーで小さな個展が催されているらしい。
時間も夕方だしぐるっとパスで入れる常設展のみを楽しんでみることにしました。



いつものように入館後子供向けに配られているパンフレットを
「僕もみたい」と息子が言うので
「頂けますか?」と係の人に伺うと

「対象は小学生から中学生ですので」

と配布を拒否。
息子がっくり。私もがっかり。
子供向け資料を断られたのはここが初めてです。


そんな気持ちを吹き飛ばしてくれたのが常設展の充実ぶり。


モーリス・ルイスがあったり
河原温の「孕んだ女」
原田直次郎「騎龍観音」を見れたりと
かなりワクワクものでした。


息子も美術番組で観たことがある作品が多くてとても楽しそうでした。
特に気に入ったのが【土田麦僊《湯女》1918年】。
湯女の説明に困りました。。


そして「寝るひと・立つひと・もたれるひと」へ。


こちらは構図と背景によって描かれた人物がどのような
姿勢であるのかを考察した小さな展覧会。

所蔵作品の中から構図で考察できる作品を選んだとのとのことですが
とても見応えのある展覧会でした。
息子もいろいろな向きで作品を観てとても楽しんでいました。


息子も外のポスターで一目惚れした萬鉄五郎「もたれて立つ人」の実物にご対面。



「ポスターと違って大きいんだね!」


と目を輝かせていました。


こんな風に本人が「観たい!」と思ったものを
すぐ見せられるなんてことはまずないので
こちらもとても気持ちよかったです。

常設を1時間程楽しんだ後二人で気持ちよく帰りました。






次回の河口龍夫展は個人的に期待しているのです。
国立近代美術館、また是非再訪したいです。


kndai081402

国立近代美術館
竹橋より母子の足で約3分
休館日は原則月曜、展示替期間。詳細はこちら
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

パンフレットの配布を拒否、って...まぁ予算作成の方針とかあるんだろうけれど、自分から「見たい」という小学生未満は、その方針を考えた人の想定外っていうだけで、ねぇ...無駄にしちゃう小中学生だっているわけで、それに比べたらずっと意味があるよ、見たいと言っている子に渡すのは...と思いました。ねぇ。
次回は「えー、ほしいよぉー」と駄々をこねてほしいです(笑)

Re: No title

今まで子供向け配布物で断られたことがなかったので
正直ショックでございました。
まだひらがな半分ぐらいしか読めないけど
サントリーでもらうパンフレットとか
何度も観て私に何度も「読んで!」って来るから
結構活用してるんだけどなあ。。。

でもその後の作品群の楽しさに救われましたよ。
本物の力はさすがです。

No title

こんばんは。
近美は、ゴーギャンより常設の方が私は楽しめました。

ところで、せいな様は神奈川県立近代美術館に行かれたことは
ございますか?
先日、私が来訪した際、子供が美術観賞する際のガイドブックを
受付でいただきました。
(私は一人で入りましたが・・・。)

その冊子に、以前せいな様が記事で書かれていたのと
ほぼ同じ内容が書かれていて驚きました。
神奈川近美はお子様連れでもオススメです。
葉山などいかがですか?

Re: No title

おはようございます。

近美の常設って面白いですよね。
河口龍夫展を期待してるのでまた行っちゃおう。
子供パンフ配布拒否には驚かされましたが。。。
今までどこでも拒否なんてされたことなかったのに。

神奈川近美は昔1度行ったことがあります。
綺麗な場所ですよねー。
帰りに葉山のデニーズでご飯食べました。

「子連れ鑑賞のコツ」はいろいろな美術館の子連れツアーで
よくお話しされている内容をまとめた感じです。
アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク