2017-06-10

IKKAN ART INTERNATIONAL「TeamLab new work「impermanent」」を観てきました。


IKKAN ART INTERNATIONALにて

「TeamLab new work「impermanent」」を観てきました。


今回はロンドンで行われた個展の作品、アートドバイで発表された新作を見ることができました。

私は最近シンガポール博物館のガイドをお手伝いする関係で、
「Story of the Forest」に関わることが多いです。
この作品は歴史と教育、そして未来を感じさせる「綺麗だけではない」
多面的な作品であると言えます。





今回は、Four Seasons, a 1000 Years, Terraced Rice Fieldsについて。
は最初に拝見した際、私にはその作品の奥がわかりませんでした。





なんか楽しいなああ
カエルかわいいなあ
田植えしてるなああ



その動きを純粋に楽しんでいたら
「もっと奥があること」を教えてくれました。




この棚田の風景は大分県の豊後高田市の
「田染荘(たしぶのしょう)」という場所だそうです。
千数百年の昔、国東半島が六つの郷にわかれていた頃、
この地域は未開発の原野でした。
743年の墾田永年私財法の成立によって、
この地を豊かな水田地帯にしようと、
農民や宇佐神宮が多くの努力をしました。
その結果、この土地の地形を利用して様々な曲線を描いた、
独自の水田が生まれました。

やがて、日本の律令時代において新しく開かれた水田は荘園
(貴族・豪族・有力寺社の私有地、つまり税金の取れない土地)
となりました。
そのような経緯で生まれた田染荘は
宇佐八幡宮の「本御荘十八箇所」とよばれる根本荘園のひとつです。
その中でも最も重用視された荘園として栄えたんだそうです。
ここ小崎地区はこのスタイルがずっと受け継がれています。
平成22年に「田染荘小崎の農村景観」として
国の重要文化的景観に選定されました。




という場所なんだそうです。
あー綺麗な場所なのね。

いえいえそれだけではありません。

田んぼは、生きています。





ここには朝が来て夜が来ます。その時刻は実際の日の出、日の入りとリンクしているんだそうです!
そしてその時の天気も反映されます。昼間は働き、日が落ちれば宴が行われます。
夜になれば農民たちは家に帰ります。
常に、つまり、自然を反映した世界に新たなデジタルの世界が蓄積されていくのです。

デジタルとリアルの融合は「Story of the Forest」でも反映されていること。

そこで疑問。

チームラボさんは世界中で人気です。
これ、もし日本とめっちゃ時差があった場合はどうするんですか。。。?
日の出、日の入りはその土地に合わせるそうです。
そうですよね。南米とかで買ったらずっと農民寝てばっかりとかじゃつまんないですよね。




私たちが観ていた時間帯はちょうど日の入りの時間でした。
夕焼けが綺麗だった。



最近、「デジタル」だけじゃないデジタルアートに心惹かれます。
リアルとバーチャルを行き来してるかのようなこの感覚は
数年前の私には想像できないものでした。

きっとこれからもっと想像できないスタイルの芸術が登場してくるのでしょう。
それをアートじゃない!っていうの人もいるでしょう。
アートなのか、アートでないのか。
そういうのはよくわからないしあまり考えたくありません。
その表現に出会った時の「うわああ!!!」という驚きを
ずっと楽しめる感覚を持ち続けたい。
こんなふうに簡単に考える人がいてもいいと思うのです。




「Impermanent Life 」も迫力満点でした。


6月15日まで。
できれば数回、違った時間に行くことをお勧めします!
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク