2017-04-26

森美術館「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」を観てきました。


森美術館にて

「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」

を観てきました。


なんてわたしたちにピッタリなタイトル。



そう、ここ数年わたしたちは
「チャーミングな旅の一環」として
この美術館を訪れています。


ちなみに、ハルシャさん。
1969年。インド南部、カルナータカ州マイスール生まれ。
現在もマイスールを拠点に活動されてるそうです。


つまり、まだまだ働き盛り。
そういう人の個展は


ミッド・キャリア・レトロスペクティブ


っていうそうです。
サイトの説明によると


ミッド・キャリア・レトロスペクティブとは
一定のスタイルを確立した中堅アーティストの
数十年間の仕事を網羅的に見せる展覧会


なんだそうです。
ちなみに「回顧展」とは
アーティストのキャリアの晩年や没後に開催されるイメージ。
確かに、現役バリバリですもんね。


今回、旅というタイトルを聞いた後
この展覧会を楽しみながら
私は息子の学校やクラブ活動であった
インド系の様々なご家族について
考えていました。



シンガポールで貧富の差が激しい国の1つであるインド。
金融関係、宝飾関係で大活躍する方もいれば
肉体労働を続ける環境で日々働く人もいる。


勝ち取った立場にいる彼らは
「私たちは今の立場にたどり着いた」
と強く認識しているように見えます。
そして様々な立場の人を冷静に見るように
心が鍛えられています。


この感覚は正直、日本に住んでいた時には
わかりませんでした。


ハルシャさんの様々な作品から出てくる


協調性の中に見える
異様な存在そのものを許容するスタンス


は、インドの皆さんの心の強さを感じます。
以前の私には想像もできなかった強さを。



人生は旅であり
旅を続けるには強くなければならない。


そんな気持ちを再確認するには
森美術館は私たちにとって最もふさわしい場所です。



私たちはこの美術館で
おやこ鑑賞を始めました。
この美術館が私たちを受け入れてくれなかったら
今の私たちは存在しないし
そもそも私は親として機能していなかったと思います。


様々に描かれるたくさんの人々の姿。
遠くから見るととても美しい布のように見えます。
まさに、今、流行りのフォトジェニック。
よくよく見るとそこには強い葛藤や黒い心が渦巻きます。


そしてフォトジェニックな空間って
心を旅に導くのね。。と改めて感じます。
私が、旅してこの美術館にいるからなのかも
しれませんけど。
森美術館は #empty などいろいろ新しい試みを
チャレンジされてるそうですが
今後も楽しみです。



それはまさに今私たちが生きてる世界。
「おかえり」と言ってくれる場所で
私は今、自分の世界を再確認できました。
素晴らしい体験でした。



ちなみに。
7月は大規模な東南アジアの展覧会が開催されます。
サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで
こちらもとっても楽しみです。


6月11日まで。
詳細は公式サイトをご参照ください。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク