2017-04-17

仙台で博物館、美術館に関わる様々な人の優しさに触れた。





一時帰国の際、仙台に親子三世代で行きました。
そこで数多くの博物館、寺院に行ったのですが
驚かされたのはボランティアガイドの皆様の優しさ。


親子三世代、しかも孫は半分英語脳的な感じなので
基本が挙動不審。なのに皆さん
どんどん声をかけてくださる。


そして


本当に色々説明して下さる。
はっきり言って、感激しました。




そして皆さんが
この場所を盛り上げよう、きてくれた人に楽しんでもらおうと
創意工夫をしている姿に
感涙状態でした。


この環境作りは
ボランティアさんと学芸員さん。
そして様々なスタッフさんの
協力のもとに出来ているんだろうなあと
自分もシンガポールでガイドをやってるので
改めて思いました。



これって
みんなで協力し合わないと
出来ない。
お互いがお互いの立場に
尊敬を持たないと出来ないですよ。


どっかの大臣が
観光マインドのない学芸員はガン、一掃せよとか
言ってたそうですが
今回の仙台ではそのままの素晴らしい環境を
皆さんがとてもわかりやすく親しみやすく
伝えてくれましたよ。


イベントだなんだ!ってしなくたって
十分楽しめますよ。
英語表記が表示されてなかったとしても
ボランティアガイドさんが
ファイルで説明してくれる人もいましたよ。



学芸員さん、ガイドさんを間違える人って多いんですよね。
私もボランティアガイドしてると
学芸員さんですか?と言われることもあります。
その前に「日本語上手ですね」も多いです。


展示におけるお客様との関係性と言えば
ガイドさんは実際にお客様に触れる役。
学芸員さんはガイドさんがやりやすいように
環境を整える役ですね。


両者は観客からは見えづらいけど
動員数などの数値からは見えづらいけど
密接に協力してそこで
私たち鑑賞者は展示を楽しめるんですよね。


どっかの大臣さんが
学芸員さんだけをターゲットに揶揄するのは
実際にこのような場に行ってないからなんでしょうね。
本当に、こんなに楽しいのに、もったいない。


なので


私が伝えることにします。
私は「今、こんなに楽しく文化芸術を体感できるんだよ」
をわかりやすく伝えることが
役割だと思うからです。



どんどん出かけていくもんね♬
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク