2017-04-23

国立新美術館「草間彌生 わが永遠の魂」を観てきました。


国立新美術館にて

「草間彌生 わが永遠の魂

を観てきました。

私たちが行ったのは月曜日の午前中。
国立新美術館が「休館日」と誤解されやすい月曜日。
通常なら観客はかなりすくない日ですが。。。


かなりのお客様ががいらっしゃいました。
いろいろな方に
「ちゃんと時間をとってみるように」
「泣くと思う。女性は特に」と言われ続けたこの展覧会。


はい、その通りでございました。






こんなにも根底から来るとは
予想はしていましたが、
でも実際に体感してみるとすごかったです。


日本語環境思考という言葉を最近、私はよく使います。
(どこの国でいても)「日本語で日本語的思考で考えること」によって
感じることってあるんだなと思うことが多いからです。
それはいいこともあるし、辛いこともあります。
なんでえええええと叫びたくなるようなこともあります。


草間さんの作品はそのなんでええええという時に感じる
私たちの頭の上に重くのしかかる重さみたいなものを
具現化してくれているような気がします。


草間彌生はまさに第二の黄金期なんだそうです。
確かに彼女の作品のこの猛烈なエネルギーは
まさに黄金期だとおもいます。


しかしですね。


私が注目したいのは
彼女の作品に関わって紡がれる「言葉」。
この日本語が猛烈に、猛烈に語りかけてきます。



「我が永遠の魂」シリーズは圧巻。
そしてものすごく鑑賞に時間がかかります。
それは、多くの人が「タイトル」と作品を
見比べ、そこから感情を汲み取り、心が揺さぶられるので
なかなか前に進めないからです。

このエネルギーをフルに感じれるのは
日本語ネイティブの日本人女性だからかなと
改めて感じます。

彼女の言葉には年齢を重ねてきたから出てくる
浄化感が溢れその言葉に触れることによって
今自分が感じるしがらみを再確認し

「私はあなたのようになれますか」

というまるで神に遭遇した一般人のように
人々の感情は彼女のメッセージに集中します。



あなたに逢えてよかった
明日も生きていけそうです


そんな想いが溢れる凄まじい空間になっていました。



そして。


草間彌生さんは6月にシンガポールでも
大規模な個展を行うとのこと。
最初、私は巡回展と勘違いしてまして
この作品はアジアの人にどう伝わるのか
勝手に動揺していました。


実際の展覧会は巡回展ではなく
全く違ったものになるそうです。
それだけアジアで作品があるということでもあり
アジアの草間彌生の人気を改めて感じます。


そして6月、私はその会場で
どんな印象を感じるのか今から楽しみです。


必見です。ぜひ、足をお運びください。


5月22日まで。
火曜日休館です。(5月2日は開館)

スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク