2017-03-16

Artscience Museum「FUTURE WORLD: WHERE ART MEETS SCIENCE」を再訪してきました。


Artscience Museum

「FUTURE WORLD: WHERE ART MEETS SCIENCE」

を再訪してきました。



前回伺った時に見たこの看板。



3月14日から新展示が加わるとのこと。
その後、新展示の詳細をWEBなどで拝見し
楽しみ(だけど前見たね。これ)と思い
私たちは気軽な気持ちで出かけました。


そう。烏に実際に出会うまでは。


森美術館「宇宙と芸術展」ですでに体験していた
「Crows are Chased and the Chasing Crows are Destined to be Chased as well, Transcending Space」



指示された場所でのんびり待っていると



うわー



うわ、これすげえ。
既視だからわかる凄さに打ちのめされました。


おそらくですが
森美と違う点は「座って見ることが可能」な点なのでしょうか。
躍動感が半端なくてすごいわ!と鳥肌が立ちました。
烏だけに。



私が現代の屏風として愛してやまない「Wave」のシリーズが
「人をだめにするソファ」と共に存在する部屋は
気合いを入れないとしばらく動けなくなります。


改めて思います。
実際体験して、感じたことってでかいわあって。
メディアアートって横展開が可能ですよね(お金かかりますけど)
横展開が可能ってことはそれだけ体感の機会が増えること。
これって実はすごく重要なのでは?と感じました。



そしてフルーツ滑り台は
子供達に大人気。結構飛び出しが多かったので
これはきっとすぐに対策が取られるでしょう。


この展示がすごいなあと思うことは
子供が思う存分遊ぶためには
何をすべきなのか、どこを補強すべきなのか
そういう対策が敏速に取られていくこと。
親としては安心して連れていけるんですよね。
ここ、すごく重要。



そして今回私が注目したいのは工作のコーナー。
(これはいつからあったのかな?)
「体験を変化させる」環境作りが進化していました。

自分が書いた絵がデジタルで動く、
そして今度はそれをプリントして実際に自分で組み立てる。

アナログ→デジタル→アナログ。
行き来は片方の否定ではなく相互理解につながるわけですね。
今回は時間がなかったので
のぞいただけですが、ぜひ作ってみたいものです。



「体験を続ける」ということは本当に大事。
やっぱアートって1回じゃなくて何回も、何回も見てあああって思うことが
心の中からのWOW!になり、そして次のアクションにつながるのですよ。


シンガポールやオーストラリアなどでは
美術館や博物館の公共スペースに
アートが溢れていています。もちろん無料。
チームラボさんはシンガポールでは
国立博物館の「Story of the Forest」がシンガポール国民は「無料」で体験することができます。

そういう体験で感じた「すげえええ」は
次の鑑賞要求につながるし、鑑賞要求から来た鑑賞の満足度は
正直半端ないと思うんです。


日本も、親子連れの鑑賞とか
もっとチケット優遇して何度も来てもらえるようにしたらいいのに。
そういう環境作りをどんどんしていかないと
まずくね?と思う反面



だから、チームラボって日本でパブリックの展示も数多く手がけているのかな?



と勝手に推測したりしました。
自分が色々関わったからかもしれませんが
アートと教育という分野は本当に興味が尽きません。

シンガポールにお住まいの方も、
シンガポールに旅行に行く方も
ぜひ足をお運び下さい。



ちなみに。
展覧会の中の無料Wi-Fiはかなり環境いいです!
旅行中の方はここで子供を遊ばせながら
WEBチェックはオススメです。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク