2016-12-10

IKEAやロフト以外でアートを買う楽しさを伝えるために私が伝えたい3つの共有

こんなtweetを見つけました。



ちょとびっくりしたと同時に
すごく納得したんですよね。
私はあくまで買う側なんですが、
どうして普通のおばちゃんがアートを買うようになったのか。
ちなみに私の買うアートは大富豪とは程遠い
せいぜい2−3万円くらいのものです。
でも決して安いものではないですよね。
じゃあなぜ私はロフトやIKEA以外で買えるアートに出会えたのか。
ここを共有してもらえるように整理したら
何か見えてくるのではと思い書き留めてみます。


まず、「アートを買う」という設定が
ここではインテリアを買う、ポスターを買うに
近いってことだと思うんですよね。
昔はアイドル雑誌とかにポスターとか付録でありましたけど
今はそういうのもないんでしょうね。

そこで絵ってどこで売ってるんだろうと
思って一番最初に思い浮かぶのがIKEAやロフト。

これは納得します。
だってロフトやIKEAだったらそのまま売ってるもん。
ぼーっと見ててもだれも近寄って来ないから怖くないもん。
もしなんか怖かったらエスカレーターで降りれるもん。
他のフロア行けるもん。


もしですよ。
画廊でも絵とか売ってますよと言われても
すぐそこで行ける人って少ないと思うんですよ。

まず、画廊と言っても
そこでなにを売ってるかもよく分からない。
外からもよく見えないし、そもそも値段がわからない。


そして何か気にいった作品があったとしても
画廊の閉鎖的な空間に入ったら
巨額のローンを組まされるまで
出してもらえない!!!!
とかなったら怖いから行かない。


と思う人は今でも多いと思います。


振り返ってみれば
私が画廊巡りをスムーズに始められたのは

「ベビーカーが一緒だった」

というのはとても大きいです。
ベビーカーが一緒のおばちゃんなら拉致ったら
大ごとやんって思ってくれるだろう
だからただ見て、出ても大丈夫だろうと
ちょこっとだけ思ってたことを
今ここに告白します。


もちろん


私は国内外、どこの画廊でも
拉致られたこともないし
買うまでここから出しませんなんて
言われたことはありません。
とても気持ちよく対応してもらいました。


だからこの気持ちよさを色々な人に
伝えるには私になにができるかを
具体的に考えてみました。


1:情報の共有
まずね、知らなきゃ行けないですよね。どこにどんなものが売ってるか。
東京に住んでる時は結構色々回ってたんですけど
今は日本に住んでないのでうーむと思っていたんですが
今はアート関係のフリーペーパーって
電子化が進んでることに気がつきました!
まあ別のサイトで「見に行けないけどきになる展示」的なコラムも
不定期でやってたのでこれを充実させたい。
電子化での紹介って実はすごく家族とアートという環境には重要。
なぜかというと「子供連れでアートなんて見に行けないわ」という人に
まず電子でアートを届けるというのは私は効果があると思っています。
オンラインギャラリーやオンラインアートブックの紹介とか
もっと積極的にしていきたいです。
わたしの活動を「すごくいいけど生活範囲にアートない人には参考にならない」
というご意見を頂くのですがその答えの1つになったら嬉しいなと、


2:体験の共有
1で情報を収集し、なんか見にいってみようかなと思う時
コピペではなく同じようなタイプの人のリアルな体験が
一番求められると思うんですよね。
画廊ってどんな感じなのか、画廊や美術館に家族で行くってどんな感じなのか
普通のおばちゃんが子供連れで行ったらどうなるのか。
そこをリアルに書いていきたいです。

時に意識したいのが10歳前後男子との美術鑑賞っていうスタンス!
大人と子供の部分が混在する反抗期真っ盛りのめんどくさい感覚と
付き合う時にアートというものが
どんな風に科学反応していくのか親目線で残せたらいいなあと思います。
あ、でも息子には息子の想いがあると思うので
彼があとで読んでも怒らないような
尊厳が根底にある記録にしたいもんです。
私自身は後から子供が読んだらどう思うか、
この写真見たらどう思う買って
意識しながら書いています。
今は本人にも確認してもらっています。
とりあえず、今のところクレームは来ていません。



3:感覚の共有
芸術に触れることが教育っていつから誰が言い始めたんでしょう。

そもそもここから変えていきたいですね。
「アートを買ってみたいけど(勉強せなあかんって言われるから)そういうことが言われない場所(IKEAやロフト)で買おう」から発想が変わらないのではと思うんですよね。



「絵を描くことは快楽を提供するサービス業」

私の大好きな作家さんである会田誠さんが
映画「駄作の中にだけ俺がいる」トレーラーでのコメント。
すごく好きな言葉なんです。
誰だって快楽を提供してくれるものに囲まれた生活をしたいじゃないですか。
お気に入りの服、鞄、椅子、布団。それぞれ気に入ったものだと
気持ち上がるじゃないですか。
気持ち上がるってまさに快楽ですよね。
そのように気持ちが上がるためにアートを買うっていうのも
いいもんだと思うんですよね。



私はアートを買うだけに限らず、日本人というコミュニティの中だと
優しい人ほど人と違う行動がしづらいというのはよく分かります。
「アートを買う」という行動は日本人コミュニティだと
人と違う行動というカテゴリーに含まれます。
人と違う行動を取ることによって目立つことによって
何か言われたらどうしようと感じる人がいること。
私は分かります。
そういう優しい感覚の人を責めたくありません。
そういう風に感じてしまう人が


「ああこんな方法なら私でもアートを買うことができる」
と感じそして実行に移せるような情報を提供したいですね。
時々アートを買ってるおばちゃんのよもやま話として。
気に入ったアートを買って自分の家に飾るのって超快感ですよ。
ぜひあの快感を体験してほしいと思います。


スポンサーサイト

theme : アート
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク