2016-10-03

森美術館「宇宙と芸術展」を観てきました。


森美術館にて

宇宙と芸術展」を観てきました。

一時帰国の度に行かせて頂いている森美術館。
今回のこの展示もとても楽しみでした。


まず思うのですが宇宙ってアートの中では結構メジャーなテーマ
だと思うのです。
そのテーマをどのように多角的に捉えていくか、その捉え方に
とても驚かされました。



特にひきこまれたコーナーが
SECTION 1「人は宇宙をどう見てきたか?」での曼荼羅や
ダ・ヴィンチの中に忽然と存在する

「岡吉国宗《流星刀》」

確かに日本刀って流星みたいだよなと
改めて思い返し
当時は流星とかたくさん見えたのかもなあと
思いをはせることができました。

SECTION 2 宇宙という時空間ではグルスキーに食いつきまくり。
よくよく考えてみると息子をグルスキー展に連れて行けなかったことを
思い出しました。

2013-07-03
国立新美術館「アンドレアス・グルスキー展」を観てきました。

ここで見れて本当に良かった。
そう、行きたい場所には行っておかないとね。



SECTION 3「宇宙人はいるのか」というテーマも
よくとりあげられるテーマであるとは思うのですが
「どんな宇宙人がいるのか」という
それぞれの掘り下げ方にそれぞれの「宇宙人」があって
もしかしてどっかの星で「地球って星があるらしい」
とかいう展覧会してるかもねーと
息子と盛り上がりました。

杉本博司さんの展示は直島→TOPと拝見してきたので
また会えましたね感が強くなんだか
作品の中に私の発見した宇宙人を見た気がしました。

SECTION 4最後にかつて新美で拝見した野村仁さんに
再会できたのは大きな収穫。
2009-06-30
国立新美術館「野村仁 - 変化する相―時・場・身体」展を観てきました



そしてチームラボも体験。
実は私たち、特にこの数年
チームラボをあまり日本で体験していないんですよね。
このような大きなハコタイプの展示は特に。
なんとなくですが日本での展示だと動きにリラックス感を感じました。


宇宙がよくあるテーマだなんて思っていて
本当にゴメンなさい。
無限の可能性を感じる未来を楽しみに想像できる
素敵な空間でした!




撮影OK,NGが入り乱れていて
スタッフの方はなかなか大変だと思います。
本当にお疲れ様です。




これから日本は秋。
星がどんどん美しい季節になります。
ぜひ夜間開催の時とかに行って帰り、星を眺めて頂きたいものです。


これは子供連れで行くと楽しいだろうなあと思ったら
なんですか新しいプログラムができてる!

おやこでアート ファミリーアワー ※日本語のみ
以下、転載
--------------
0歳から6歳のお子さまと一緒に、森美術館へ出かけませんか?開館前の美術館を貸し切り、小さなお子さまと安心してご鑑賞いただけます。現在妊娠中のプレママもご参加いただけます。ご家族との週末の楽しみに、子どもたちとの交流に、子育ての情報交換に、「宇宙と芸術展」を楽しみながらそれぞれにお過ごしください。

第2回
日時:2016年11月26日(土)9:30-10:30
会場:森美術館展示室内
対象:未就学児(0~6歳)とそのご家族、現在妊娠中の方とそのご家族
定員:80組(要予約)
料金:無料(要展覧会チケット)
お申し込み:こちら
--------------

これ!すごくいいですね!
そしてこの日、このようなイベントがあることを
森美術館さんには思いっきりアナウンスして欲しいです。
チケット売り場とかにもわかるようにしてほしい。
「ファミリーアワー実施中!」とか。
皆が情報を共有できていれば皆がお互いに優しくなれます。
ぜひよろしくお願いします。


1月9日まで。
休館日などは公式ホームページをご参照ください。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク