2009-08-04

高橋コレクション日比谷「neoneo展 Part1[男子]」ネオネオ・ボーイズは草食系?」を観てきました。

takahasi080401
梅雨明けしたはずなのに
8月だっていうのに
なんだか梅雨みたいな天気の東京。


今日は雨降らないらしいけど
明日からはまた怪しい雲行きらしい。


今日は夕方からお祭りの予定。
その前にじっくり昼寝してもらうために
昼前後はギャラリー巡りを♪ということで


まずは
高橋コレクション日比谷にて
「neoneo展 Part1[男子]」ネオネオ・ボーイズは草食系?」を観てきました。


ネオテニーjapanにて
作家さんの熱い想いみたいなものを
全身で受け止める気合いみたいなものを
感じさせてくれるこの「高橋コレクション」。


さて今回はどんな感じなのかと
楽しみにでかけたのですが

期待通りでした。


こういう風に全身で受け止めてくれる環境があってこそ
伸びていくアーティストさんって絶対いると思います。
皆さんの次の作品が楽しみです!と素直に言えるような展覧会でした。


ARATANIURANOさんで個展を拝見した梅津庸一さんの作品もじっくり鑑賞。
息子は竹川宣彰さんの「Cicada's eclosion and I #3」が気に入ったそうです。
戦国絵巻のような絵が随所にちりばめられているこの作品。
観てて本当に楽しかったです。



でも今回一番驚かされたのは
入り口に置かれた作品。


いろいろな素材をさくっと置いただけの作品。
そこに映像があるだけの作品。(詳細メモ出来なかった。。残念!)


11時に入ったので正直
「あれ、これ片付け終わってないのかな」
と思ってしまうような作品。



素人考えからして

「出入り口に見える作品って興味のない人に気づかせる為に
 第一印象で衝撃度の高い作品を置くのでは?」
と思うのに


この片付け途中のような作品を置いてしまうなんて!




受付の方にお話を伺うと
キュレーターさんがこの作品の配置場所を決定したとのこと。

この思い切りの良さ。凄すぎ。




内田真由美さんと児島やよいさん。
この二人のお名前はチェックしておこうと思います。




高橋コレクション日比谷
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-1-2 日比谷三井ビルディング1階
TEL:03-6206-1890
《開館時間》午前11時−午後7時 月曜日休み
《交通案内》・JR「有楽町」駅徒歩5分
東京メトロ千代田線・日比谷線「日比谷」駅(A5、A11出口)徒歩1分
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

こんばんは。お早いですね!なかなか良いと言う評判は聞いていましたが、せいなさんの記事でさらに期待が高まってきました。凄くベタなタイトルですが、作家さんのラインナップは流石という感じですよね。

息子さんの一推しはどの作品でしょうか。しっかり見てきたいと思います。

Re: No title

こんばんは。

今日は11時前に到着してしまい
近くの東京宝塚劇場の出待ちの数に圧倒された後
お隣のスタバでお茶をしてから伺ってきました。
作品それぞれにとても発信する力があって
とても見応えがありました!

古美術好きな息子は日本文化を感じさせるものがやはり好きだそうです。
武将があったり能面があったりする作品が好きだと言っていました。
今回は実はそういう作品がいくつかありました。
草食系男子は古美術好きなのかもしれません。

私自身は今回は「キュレーターさんの潔さ」に驚かされました。
女子編もすごい事を仕掛けてくるような気がします。 楽しみです。

No title

こんばんは。入口の作品は田中功起さんですね。前に新美(だったと思います。)でほぼ一室使った展示を見ましたが、その時も色々と仕掛けがあってとても楽しめました。持ちネタの多い方なので、どんな空間でも器用に使われるのが素晴らしいなと思います。

女子編の導入はどんな演出なのでしょうか。まずは楽しみにしたいですね。

Re: No title

> こんばんは。

ありがとうございます!田中功起さんですね。
私達は朝一番に行ったので最初「片付け終わってないのかしら」と
思ってしまいました。

女子編も楽しみにしています。
アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク