2016-02-23

Fost Gallery「Donna Ong 「My Forest Has No Name」」を見てきました。


Fost Galleryにて

Donna Ong 「My Forest Has No Name」

を見てきました。


シンガポール美術館にてよく作品を展示されていた
Donna Ongさん。
今回ギャラリーから
Invitationを送っていただいたので
オープニングパーティーに呼んで頂きました。
(なのにずっとブログ書けなかった!不覚!)



彼女の作品にはよく「森」が使われます。
シンガポールのあらゆる場所には「緑」はありますが
「森」は実は一部の場所にしか存在しません。
なぜならシンガポールの緑は緑化計画に基づいたもので
人口的に作られたものだからです。




Donnaさんの作品に登場するのは「森」です。
人の手が入っていない、そしてシンガポールではすでに消滅した「森」。
消滅の定義は様々です。
開拓者が乗り込んできた故消滅してしまった森
災害により消滅してしまった森
政府の方針により開発によって消滅してしまった森

森を消す要因は様々。

その様々な要因って
自分に降りかかる困難のような気もしてきました。




様々な困難により消されてしまった自分の中の「森」。
その森の再現により
もう二度と手に入らない自分の中の大切な何かを
大事に再現したようなこの作品。
箱の中の再現だから触ることも触れることもできません。
大切なモノと向き合う時の気持ちと
その大事な物を失ってしまった虚構感が
交錯したようなとても不思議な時間の流れを感じます。




そして奥にあった不思議な空間。
最初どうしていいのかわからなくて
ずっとみていたんですね。
そうしたらスタッフの方に「触っていいのよ」と言われたら
いろいろなものが出てくる出てくる。。。。!!!!


息子が楽しくなりすぎて
公園モードになってしまいそうになったので
あわてて止めました。




Donnaさんともお話することができました。
もちろん聞きたいのは奥の部屋。
「あそこにあるものは全部リアルですか?」
という質問に
「骨はリアルじゃないわ」と優しく応えて下さったDonnaさん。

「え、他はリアル。。。?」と次の質問ができなかった息子は
もう子供じゃないな、少年なんだなと
母は嬉しくなりました。
(実はいろいろなものが埋まっていましてね。。あんなものやこんなものや)




2月28日まで。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク