2015-10-20

マリーナベイサンズ(MBS)グランドシアター「市川海老蔵 シンガポール公演 EBIZO ICHIKAWA Ⅺ'S JAPAN THEATER 2015」に行ってきました。



書くのがすっかり遅くなってしまいましたが

マリーナベイサンズ(MBS)グランドシアター

市川海老蔵 シンガポール公演 EBIZO ICHIKAWA Ⅺ'S JAPAN THEATER 2015

に行ってきました。

ただ歌舞伎が好きというだけの私たち。
もう親子で20回以上は鑑賞していると思います。
息子も最初は私につきあっての歌舞伎鑑賞でしたが
今現在は自分が身を乗り出して
楽しむほどになってきました。
現在は一時帰国の際はかならず歌舞伎を見に行けるように
というリクエストもあります。

そして。

去年も行った市川海老蔵公演。
今年も来ると聞いて速攻席をとりました。

今回は「嫐(うわなり)」という
歌舞伎十八番にしては
とてもセクシーなコメディが約100年ぶりに復活とのこと。
でも私すごく疑問だったんです。
昔の日本語で、しかも色恋沙汰の話なんて
こういう家族が多く訪れる海外公演向きではないのでは。。?と。



今回は前回と違い大きな劇場。

非常に大きくてちょとびっくりしました。
息子は余裕綽々で席につきキョロキョロ。
私たちが行った回は夜だったので
子供連れが少なかったですが
若干いました。
子供を連れて観劇に行っても嫌な顔をされないので
シンガポールで公演を見るのは本当に好きです。

さてそんなこんなでいざ開演。
口上のあと、私たちは『迦具土之舞(かぐつちのまい)』
に釘付け。
今回は去年よりもより大きな会場になっているので
花道的な要素もあったりして
とても引き込まれました。
なんか違うって予感がここで既にしていました。

そして「嫐(うわなり)」。
正直こちらの演目。これほどまでに素晴らしいとは
と驚かされました。
当初の私の予想「家族連れも多いのに色恋沙汰の演目なんて」
という素人な考えは
実際の海老蔵さんを中心とした演技のエネルギーで
吹き飛ばされました。

市川海老蔵という役者を
私誤解していたと深く反省致しました。
市川海老蔵が演じるということで
数多くの舞台を拝見してまいりましたが
このような上方歌舞伎を感じるような
ハンサムだけどコミカルで結構「ぬけてる」
主人公がこんなにもハマるなんて!!!
息子も海老蔵さんの演技に大興奮。
色恋ものについて詳細は
どうもわかってなさそうだったけど
それはそれでいいことにします。

大興奮のまま
新作舞踊『三升曲輪傘売(みますくるわのかさうり)』へ。
こちらは本当にわかりやすい演目で
もうみんな超大盛り上がり。
個人的には部屋子の福太郎君の可愛らしい演技も見えて
もう大満足でした。


前回のシンガポール公演も伺わせて頂きました。

(当時は生活そのものに余裕がなくて記録なし、悲しい)
今回の舞台は前回の公演の数段上の

「世界の中の歌舞伎」

を見せてもらえた素晴らしい公演になったと思います。
来年はシンガポールと日本の国交樹立50周年。
更にパワーアップした歌舞伎を世界に発信して頂きたいものです。
スポンサーサイト

theme : アート
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク