2015-10-10

私が子供に行かせたくなるWSとは~美術体験ってそもそもなんだろう


ワニではありません。
トカゲです。




前記事を書いた際
沢山の人に読んでいただきました。
その際
「せいなさんblog記事のワークショップ、
うちも参加させたかった!」

と書いて頂くと同時に

「どうやって見つけるんですか」
「どういうワークショップがいいものなんでしょう」

とよく聞かれます。そこで私が思う
「子供が体感してほしいワークショップとはどんなものか」
を書いてみます。

整理してみると
私にとって「良いWS」とは
「自由な体感が完結」することなのかなと
思いました。

みなさんはどんなワークショップに魅力を感じますか?


------------
1:子供「だけ」向けではない
→子供だけではなく送迎の親が
思わず足を止める、帰れなくなるような
「しかけ」が仕込まれていると
ワクワクします。


2:結論が出る
→最後に「発表会」や製作が
完成出来るプログラムになっているかは
重要です。


3:ウロウロしてるスタッフが沢山いる
→子供の細かい心の変化に
気づいてもらうためには
直接関わる人が必要。
そのためにはそういう人は
多ければ多いほどいい。
若い人が沢山関わるワークショップは
子供にとっても魅力的です。


4:値段が的確
→無料は親としてはありがたいけど
でも良質な環境なら経費はかかってるはず。
請求が高額は問題外ですが
請求がないというのは
開催側に無理も感じます。


5:体験を次の体験にリンク出来る
→ワークショップの先生になる
作家さんの作品を拝見する機会や
その時開催されている展覧会など
そのワークショップ体験が広がる機会が
関連してるととてもいいです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク