2009-07-28

庭園美術館「「Stitch by Stitch ステッチ・バイ・ステッチ 針と糸で描くわたし」を観てきました。

teien072801
本日息子を保育園に預けて
庭園美術館の「Stitch by Stitch ステッチ・バイ・ステッチ 針と糸で描くわたし」を
観てきました。


秋山さやかさん、村山留里子さん等
ネオテニーで好きになった作家さんも多かったので
個人的にはとても楽しみにしていました。


皆様とても会場の雰囲気と作品がマッチしていて
素晴らしかったです。


手塚愛子さんの作品はオペラを感じさせるような
神々しい雰囲気を漂わせていました。

村山留里子さんの作品が一番庭園美術館にあっていたかも。
マントは後ろからみてもとても素敵でした。

秋山さやかさんの作品は
展示方法が工夫されていてとても楽しかった。
庭越しに観た作品が一番好きでした。
作品の明るさ、身軽さが一番自然に出ていた感じがします。



個人的に大ヒットだったのは奥村綱雄さん「夜警の刺繍」。
この作品は素晴らしい。

手を動かして何かを紡ぐ作業っていうのは
とてもセラピー的な行為だと思っています。
少なくても私にはそうです。

育児や人間関係で行き詰まった時
夜中布を裁断したり
一心不乱にミシンをかけたり
破れた服をリメイクしたりすると
気持ちがものすごく落ち着くのです。

そして出来上がった作品をみると
ものすごくすっきり出来るのです。


きっとこの作品が出来上がった時
すっきりしただろうなあと嬉しくなりました。

行為を行う環境、作品過程、そして作品そのものを
表したこの「夜警の刺繍」には
ものすごく感動してしまいました。


モノを作ることがストレス解消!という人は
ものすごく共感出来る作品じゃないかな。


詳細をTakさんのブログで紹介されていたので
ここに再掲載させて頂きます。


ちなみに
teien072802
この庭園美術館は明記はされていませんが
子供が入場することはちょっと厳しいかなと個人的には思います。


子供とアートを楽しむためには連れて行く大人が
子供が過ごしやすいアート環境を選んでいくのも大事なこと。
庭園美術館はとても「大人向け」の美術館だと思います。
これは美術館を批判しているのではないので誤解しないで下さい。
ここはおしゃれをして大人が行くのがいくBARみたいな美術館な
感じがするのです。


なので息子が保育園の日に行ってきました。
息子が子供ではなく「少年になったら」ぜひ一緒に行ってみたいです。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク