2015-08-13

チャンギ刑務所博物館に行ってきました。


シンガポールは8月9日に建国50周年を迎えました。
おめでとうございます。
街は盛り上がりまくってましたが
若い人たちなどが

「連休だし旅行行くから」

という人も多くて
面白かったです。
外から見てると1つに見えるけど
中側から見てると違うわよねって
ありますよね。


さて



今回の建国記念日の連休は4日もありました。
バス、電車は9日は無料でした。
セントーサなどの多くのアトラクションが無料になるなど
大盛況だけど大混乱な1日になりました。


そこで私たちは
人がいないけどこの建国記念日の連休に
行くべき場所に行くことにしました。



それがチャンギ刑務所博物館です。


シンガポールは約2年間、日本軍に占領された時期があります。
その際の捕虜がこのチャンギ刑務所に収容されていました。
当時の記録は日本人の私としてはとても辛いものでした。
そしてその記録を見ているイギリス人、オーストラリア人、ニュージーランド人
と思われる団体の視線も辛かったです。


でも本当に行ってよかった。
歴史には各側面があります。
どこから見たらどこは悪、でも逆も然り。
今を生きる私たちがすべき大事なことは
過去の勝ち負けの結論を出すことより
各側面からの記録を各側面から体感し
当時の記録を様々な立場の人とともに触れること。
そして共に未来について考えることなんだろうなと
思いました。


まず行ってみよう。
すべてはそこから始まります。


シンガポールの現在の繁栄は
占領からの解放から20年、様々な試練を乗り越え
マレーシアからキックアウトされる形で始まりました。
建国記念日の連休に
この場を訪れたことはとても意義があったと思います。


郊外であり、そして刺激的な表現も多いので
家族旅行でわざわざ訪れる場所ではないかもしれません。
なのでもし家族旅行でいらっしゃる際は
歴史の絵本や漫画なども見てみてくださいね。


ちなみに



この博物館の隣にあるカフェ。
素晴らしく素敵な雰囲気でした。
お料理も飲み物もとても美味しかったです。
ぜひ足をお運びください。

The BARK CAFE
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク