2015-05-16

IKKAN ART INTERNATIONAL「Mikito Ozeki / facting the afterimage」「TIMELY MANOEUVERS」を観てきました。




IKKAN ART INTERNATIONALにて

「Mikito Ozeki / facting the afterimage」
「TIMELY MANOEUVERS」

を観てきました。



今回はリニューアルオープンということで
どのようにかわったのかと楽しみに出かけました。

大迫力でした。

「コンテンポラリー」というのはこうやって展示されると
作品の鼓動が聞こえてくるのだ!というのを
改めて体験させていただけたと思います。


とくに今回それを強く感じることができたのが
個展、そしてグループ展に両方参加させて頂いている
小関さんの作品群で強く感じることができました。



個展では基本的に額に入った作品が多かったので
詳細まで近づくことができました。
そこでカッティングによる表現や
重ねられた紙が生み出す影から生まれるリズムや深層意識に
戯曲のような世界感を感じたのですね。



グループ展では
作品が額に入れられておらず風に靡いていたのです!
「Big Body 2」(2013)は物語から登場人物が飛び出してきたような
躍動感と緊張感がみなぎり
ああ世界感というのはこうやって躍動していくのか!
懐が深い空間だとここまで表現できるのか!と驚かされました。




グループ展ではそのほか森万里子さんの世界感が素晴らしかったです。
彼女の作品は数多くの美術館で拝見していますが個人的に
瀬戸内国際芸術祭の豊島の「トムナフーリ」が素晴らしかったので
「屋外展示」が好きだなあといつも思っていたのですね。
しかしここは違いました。ど迫力でした。
屋内でここまでスケール感を感じさせる展示は
このIKKAN ART INTERNATIONALだからこそ出来たのだろうと思います。
素晴らしい体験でした。


シンガポールにお越しの際はぜひ足をお運びください。
素晴らしい展覧会です。


2つの展覧会、終了時期が違います。
ぜひお出かけの際は公式サイトをあらかじめご確認ください。

「Mikito Ozeki / facting the afterimage」 6月6日まで
「TIMELY MANOEUVERS」 6月20日まで

日曜日、休日休廊です。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

seina

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク