2015-03-12

福島で“見ることができない”展覧会「Don’t Follow The Wind.」が開催されているそうです。


福島で“見ることができない”展覧会

「Don’t Follow The Wind.」

が開催されているそうです。


キュレイターは
訪問の度に親子で優しくして頂き
毎回驚きの展覧会を届けて下さる
Snow Contemporaryの
窪田研二さん。



アイ・ウェイウェイ、宮永愛子、竹内公太、Chim↑Pom等
国内外12組のアーティストが参加しているそうです。



超興味あるー。しかし
全容がよくわかりません。



最初、私はこの展覧会のお知らせを頂いた時
「???」と感じました。
なぜなら教えて頂いたWEBサイトに
なにもなかったからです。



しかしそれは私が音声をOFFにしていたから。
音声をONにすると聞き覚えのある
Chim↑Pomのメンバーの声が
聞こえてきました。



「見ることができない展覧会」だから
サイトだって見ることは出来ないってこと。



なるほど。


概要を紹介したサイトの一部を引用します。
---------
「見ることが出来ないと言う現実は強い力を持っている。帰還困難区域の封鎖がいつ解除されるかは明らかではなく、3年後になるか10年後になるかわからない。その期間は現在を生きる私たちの生涯を越えてまたがり、私たちにアートと時間の関係性、時間と環境の関係性を再び問いかける」
---------
今まで私たち親子は
震災に関してたくさんの展覧会に足を運びました。
音声を聞きながら色々なことを思い出しました。
何も見えないので思い出すしかないんです。




2012-03-11
アーツ千代田3331 1F メインギャラリー「つくることが生きること」東日本大震災復興支援プロジェクト展』」プレスプレビューに参加してきました。



2012-03-28
XYZ collective「竹内公太 「公然の秘密」」を観てきました。


2012-04-01
ワタリウム美術館「「ひっくりかえる」展」を観てきました。

2012-10-17
水戸芸術館「3・11とアーティスト: 進行形の記録」を観てきました。


2013-01-28
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)「東日本大震災復興支援「つくることが生きること」神戸展」を観てきました。




そして今日本を離れて
「震災を知らない」人にかこまれて
「あの時の気持ち」をどうしても伝えられなくて
私はなんだかとってももやもやしています。


この展覧会の公式サイトの声を聞きながら
「もしかしたら「見えない気持ち」の強さってこういうことなのかと
「見えない」ことについてじっと考えています。


「見えない」という言葉は
「見えない」だけでなく「見ようとしない」とか「見せない」とか
そういうことに繋がってるのではないかと
想いが広がっています。それは


「見えているのに見ようとしていない」


という強い問いかけと「対の姿」なのではないかと。
それは同時に


見ようとしていない「   」を
今見ておかないと
取り返しのつかないことになる

ということが


( 外 に い る か ら ) 少 し だ け 見 え る


ということなんだろうかと
今、何度も自分に問いかけています。





公式サイトはこちらへ。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク