2015-03-12

「シャボン玉を吹きながら、歩いて家に帰る。2015」に参加しました。





シャボン玉を吹きながら、歩いて家に帰る。2015
に参加しました。


3月11日を迎えました。
この日は息子の通うインターの運動会。
運動会といっても何の準備もなく
とってもゆるい運動会でした。
日本語を話す人、英語だけ話す人
いろいろな人に会いましたけど
結局誰とも地震の話をしませんでした。


午後1時46分になったら空を見ました。
東京とシンガポールには1時間の時差がありますから。
午後2時46分じゃないんだってことに
なんだか猛烈にきゅんとなりました。


4年前には想像もしていなかったわけですが
私はあの時と全く違う場所で
全くちがう言語を見聞きしながら
全くちがう生活をしています。


4年間本当に色々なことがありました。
だから震災のあった3月11日、自らのために
このイベントに参加しました。
嬉しいことにタグをつければどこからでも参加可能とのことだったので
遠方でも参加できました。ありがとうございます。



息子が塾から帰ってくるのを待ち
事情を話してシャボン玉セットを持って
近くのパン屋に出かけました。
いつもより少しゆっくり歩いて
シャボン玉をしながら当時の話をしました。
当時私たちは家からバスで30分くらいのフットサルコートで
サッカーをしていて2時間歩いて帰りました。
年中さんだったのによく歩いたと思います。
どうしても風呂に入りたいという息子に
余震が続くから今日はシャワーにしてとお願いしたことを
彼はとてもよく覚えていました。
靴とリュックを枕元において
いつもなら「寒いからドア閉めて寝るよ!」というのに
寝室のドアを全開にして寝たことも。



突然息子からつぶやきました。



「地震のこと、忘れちゃうのかな」
「だって今日、地震のことお母さんとしか話してないよ」





「じゃあ今日こんな話をしたこと、
 シャボン玉をふきながら歩いたことを忘れないでね」
「来年もこの日にシャボン玉やろうね」
「あなたがお父さんやおじいちゃんになっても続けてね」


人の人生は本当にある日突然変わります。
私自身が本当に実感したことです。
来年もシャボン玉が出来たら
まずそのことを心から喜び合おうと思います。



素敵なイベントでした。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

theme : 思うこと
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク