2014-08-03

横浜トリエンナーレが始まったので花輪ちゃんに会ってきました


横浜トリエンナーレが始まりました。

今、非常に忙しいのですが
どうしてもどうしてもどうしても見たかったので



花輪ちゃんに会いに来ました。




どどーーーーーん!!!!
はい、これゲリラです。
★キュンチョメは横浜トリエンナーレ参加アーティストではありません!
キュンチョメはここがゲリラデビューだそうです。


以下公式HPより引用
----------
キュンキュンゲリラ@横浜トリエンナーレ(2008)

ゲリラ元年。緑のリヤカーが三会場を縦横無尽に走り抜ける!
いつのまにやらリヤカーにもTシャツにも皆の熱いメッセージがガンガン書き込まれて、もうなんだか走る絵馬のよう。迷惑と名物の狭間を駆け抜けるゲリラここに参上!!!



キュンキュンゲリラ@横浜トリエンナーレ(2011)

生まれ育った横浜で、三年に一度開かれる横浜トリエンナーレ。予算の縮小により2012年の開催があやぶまれているともっぱらの噂だったが、無事開催される事になった。その開幕祝いをしたいと思い、日本のバブリーな祝福手段である花輪をかぶって会場周辺と横浜を練り歩き、祝杯と宣伝を勝手に行った。

オメデタ感とお祭り感を引っさげて、迷惑物と縁起物の狭間を狙う。
----------

「迷惑物と縁起物の狭間」正直この表現にやられちゃったんですよ。
なので花輪ちゃんにどうしても会いたかったんです。
キュンチョメを追いかけてるくせに
リアル花輪ちゃんを見てないってどうなのよと思い
時間を必死に工面して会いにいきました!



実際に会って
ちょと感動しちゃいましたよ。
虚構の具現化と日常の劇場性。
日常のほうが劇的な事に溢れてる昨今
花輪ちゃんの存在が3年前より
より身近だけど劇的に感じられるような気がします。



今日花輪ちゃんに会った皆様。
この日の思い出は
数年後万人に自慢出来る思い出に変わります。
絶対に写真は保存しておいて下さいね。



花輪ちゃんの部分の酷使具合も
実際の花輪の歴史を連想させて
なんかとってもアートな感じ。
冠婚葬祭で見かける花輪の
隠れた歴史の濃さ、混沌さみたいなのを
改めて感じられて
すごくいい感じでした。



すみません私
花輪ちゃんに会っただけで帰ってきてしまいました。
でも後悔はしてません。
超勇気を頂きました。



横浜トリエンナーレ本体については
8月中にレポート予定です。
スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

アクセスカウンター
カウンター
プロフィール

Author:seina
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Blogram
blogram投票ボタン
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブログ内検索
RSSフィード
リンク